plan01_recruit_20181113a

iPhone XSiPhone XS Maxでは大容量の512GBモデルが一番人気となっているとのレポートが公開されています。

CNBCがシティグループのアナリストのレポートを元に大容量モデルの売れ行きが良いことから、Appleの利益が拡大、Appleの株価も上昇するとの予想を報じています。

フラッシュメモリ価格の下落でAppleの利益が増加している?

さらに、アナリストはフラッシュメモリの価格が昨年の3月から18%下落、実際のコスト差は約11,000円(100ドル)程であると指摘しています。

iPhone XSシリーズは64GB、254GB、512GBの3種類の容量がラインナップ。日本では64GBと256GBの価格差は17,000円、256GBと512GBの差は23,000円となっています。

Appleの予想株価を約26,000円(230ドル)から、約30,000円(265ドル)へと引き上げています。

iPhone XS Maxの販売価格は部品原価の約3倍?

単純に部品原価だけでみると、iPhone XS Maxの販売価格は部品原価の約3倍であると『TechInsights』がiPhone XS Maxの分解を元に指摘。

ディスプレイ、A12チップ、ストレージ、カメラ、本体の順で原価が高額なパーツとなっているようです。

iPhone XS – Apple

▼RELATED
iPhone XSの売れ行きは好調!それでも、iPhone 7がシリーズ最高シェア

iPhone XS Maxの販売価格は部品原価の約3倍?ディスプレイが最も高額なパーツ

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on