•        
plan01_recruit_20170927

ファッションやアート、IT系のスタートアップなど、他のクリエイティブな分野においてなのだ。確かに、毎日どこかでレセプションパーティーやエキシビジョンが開催され、その数は東京と比例する。もしかしたら、まだ見ぬベルリンカルチャーがどこかに潜んでいるのかもしれない。“今なぜベルリンなのか?”その実態を様々な角度から探ってみた

ルーズな服装にルーズな体型、スタイルが良くてもファストファッションしか着ない若者、街ゆく人からファッションセンスを感じることは、一部のエリアを除いてあまりない。それなのに、ベルリンは5年ほど前から“アップカミング”と言われ続け、未だに言われている。人口355万人、増え続ける人口、急速な発展を遂げる都市開発、それと同じように進む物価の上昇。都市化=注目なのだろうか? 注目されているのは、90年代から根付いているクラブカルチャーのことではない。ファッションやアート、IT系のスタートアップなど、他のクリエイティブな分野においてなのだ。確かに、毎日どこかでレセプションパーティーやエキシビジョンが開催され、その数は東京と比例する。もしかしたら、まだ見ぬベルリンカルチャーがどこかに潜んでいるのかもしれない。“今なぜベルリンなのか?”その実態を様々な角度から探ってみた。

おもしろいのはファッションウィークではなく、インディペンデント

まずは、ベルリン各地で行われたパーティーの模様と共にファッションに関して検証していきたい。

ファッションと言えば、どこの街でもファッションウィークが代表的であるが、<Berlin Fashion Week>自体はあまり魅力はない。前進しているどころか後退していると言っても良い。最近では、デニムやスニーカーの大手メーカーが多数出展していた老舗の「Bread and Butter」がドイツのECサイト最大手「Zalando」に買収されたばかりだ。買収された方が良い方向に行く場合もあるため、今後の展開が気になるところ。

ドイツの異端児“ベルリン”に注目が集まる理由とは!? premium2

ドイツの異端児“ベルリン”に注目が集まる理由とは!? premium3

もう一つの老舗トレードショー「PREMIUM」も昨年の1月より盛り上がるに欠ける印象。アフターパーティーはラグジュアリークラブPRINCE CHARLESから場所を移し、ウェアハウスと廃墟がミックスしたようなイベントスペースにフォトグラファーのOliver Rathとのコラボレーションのもと盛大に行われたが、とにかく客層とマナーが残念だった。さすがはパーティーシティーベルリンといった広々したベニューに3フロアー、バーもドリンクも豊富、入場規制が掛かるほど人が集まっていた。しかし、“良いもの”を着ている人が少なく、全体的にチープに見えてしまった。ローカルクラブの方がスタイリッシュなほどだ。さらに、そこら中に空き瓶やカップなどが投げ捨てられていたこともまた悪印象となってしまった。

ドイツの異端児“ベルリン”に注目が集まる理由とは!? premium1

ドイツの異端児“ベルリン”に注目が集まる理由とは!? premium41

ベルリンはファッションウィークといった表立った行事より、インディペンデント主催のエキシビジョンやパーティーの方がスタイリッシュでおもしろいのだ。

ドイツの異端児“ベルリン”に注目が集まる理由とは!? EyeEm11

ドイツの異端児“ベルリン”に注目が集まる理由とは!? EyeEm2

次ページ:会場内にいた人々だけでもスタイル、センス共にとてもハイレベルだった

plan02_recruit_20170927
宮沢香奈(Kana Miyazawa)

宮沢香奈(Kana Miyazawa)

フリーランスライター/コラムニスト

長野県生まれ。文化服装学院ファッションビジネス科卒業。 セレクトショップのプレス、ブランドディレクターを経たのち、フリーランスとしてPR事業をスタートさせる。ファッションと音楽の二本を柱に独自のスタイルで実績を積む。2012年頃からライターとして本格的に執筆活動を開始し、ヨーロッパのフェスやローカルカルチャーを取材するなど活動の幅を海外へと広げる。2014年に東京からベルリンへと活動拠点を移す。現在、Qetic,VOGUE,繊研,men's FUDGEなどで連載を持ち、多くのファッション誌やカルチャー誌に寄稿している。また、国内外のカルチャー情報&体験を提供するアクティビティーコマースBANANAにて、現地ガイドを担う。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数