plan01_recruit_20181113a

クイーンを描き日本を含め全世界で大ヒットしている映画『ボヘミアン・ラプソディ』。日本の映画観客動員数は12月25日までの累計動員が474万人超え、累計興行収入は65億円を越え、テレビや新聞、WEBメディアなどで連日クイーンの特集が何度も実施されている。

映画のサントラはCDと配信をあわせて12月25日までに34万枚出荷を超え、2018年10月以降でクイーンの過去の作品全てを合わせると74万枚の出荷枚数を記録。この盛り上がりは社会現象として報じられ、バンドの現役時代、2004年にドラマ『プライド』の主題歌に起用され日本企画のベスト盤『ジュエルズ』が累計180万枚を記録した時に次ぐ、“第三次クイーン・ブーム”が到来している。

『ボヘミアン・ラプソディ』大ヒット御礼で東京メトロ9路線に中づり広告が登場! art-culture181228-bohemianrhapsody-1200x1200

この大ヒットをうけ、年末年始(12月31日~1月6日)に、東京メトロ9路線にクイーンの中づり広告が登場することになった。広告にはバンドのヴォーカル、フレディ・マーキュリーの言葉や名盤の紹介、今回のブームの一因となっているSNSの投稿、クイーンの歌詞等、全28種類、枚数では約1,000枚の中づり広告がランダムで掲出されている。中づり広告が掲出されるのは、各路線に1編成ずつで、その編成全車両の中づり広告がクイーンとなる。対象路線の運行は毎日変わるため、乗車できるかどうかは運次第となっている。

またクイーンの日本公式サイトでは大ヒットの御礼として、簡単なアンケートに答えるとプレゼントがあたるキャンペーンも開始となっている。

キャンペーンの詳細はこちら

INFORMATION

中づり広告掲出情報

『ボヘミアン・ラプソディ』大ヒット御礼で東京メトロ9路線に中づり広告が登場! bohemianrhapsody-1200x1736

期間:2018年12月31日~2019年1月6日
掲出路線:銀座線、丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、半蔵門線、南北線、副都心線(全て東京メトロ)
※各路線の1編成となります。
※対象路線の運行は毎日変わります。
※駅・係員へのお問い合わせはご遠慮ください。

詳細はこちら

ボヘミアン・ラプソディ

大ヒット絶賛上映中

原題:Bohemian Rhapsody
監督:ブライアン・シンガー
製作:グレアム・キング / ジム・ビーチ 
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン / ギター) / ロジャー・テイラー(クイーン / ドラマー)
出演:ラミ・マレック / ジョセフ・マッゼロ / ベン・ハーディ / グウィリム・リー / ルーシー・ボイントン / マイク・マイヤーズ / アレン・リーチ
全米公開:11月2日
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox
詳細はこちら

RELATED
映画『ボヘミアン・ラプソディ』累計興行収入43億円突破!公開5週目好調でゴールデングローブ賞にもノミネート!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の世界中で大ヒット!クイーンの“Bohemian Rhapsody”が20世紀の曲で最も聞かれた曲に!
「新宿ピカデリー爆音映画祭」、『ボヘミアン・ラプソディ』全上映分即完につき開催期間延長!
「ボヘミアン・ラプソディ」しか上映しない『ボヘミアン・ラプソディ爆音映画祭』大阪にて開催決定

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on