FILM

81
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  

小説を、2016年の舞台版と同じく松坂桃李×三浦大輔のコンビで映画化した娼年は4月6日より劇場公開中。

石田衣良によるベストセラー小説を、2016年の舞台版と同じく松坂桃李×三浦大輔のコンビで映画化した『娼年』。4月6日より劇場公開され、女性を中心に大ヒットしている本作の大ヒット記念! <GWトークイベントPart 1「リョウを買った女たち」ナイト>が行われ、三浦大輔監督と、松坂桃李演じる娼夫のリョウを買う女性を演じた荻野友里、佐々木心音、大谷麻衣が登壇した。

三浦監督とキャストからお客様からの質問にたくさん答えたい、との希望で挨拶後、すぐに来場者とのQ&Aが開始された。

三浦監督がそれぞれのシーンでの撮り方の“こだわり”を説明

まずは、激しい濡れ場の撮影での大変だった、面白かったなどのエピソードを尋ねられると、西岡德馬(泉川氏)の妻・紀子役を演じ松坂桃李と3人での場面が大反響をよんでいる佐々木心音が答えた。「(私の濡れ場が)一番激しいですよね。西岡德馬さんが“格闘技のような”とおっしゃったように大変と言えば大変でしたが、それよりもはたから見ていて西岡さんと桃李くんの最後のところですね(笑)。なかなか狙った通りにいかず10回くらいやっていたかな」。

主婦役の荻野友里は、佐々木と大谷のシーンを観て、「どう撮っているんだろうと逆に聞きたくなりました」。リョウの初めての客・ヒロミを演じた大谷麻衣は「いろいろと隠さなくてはいけない大変さですね。体を回転させるのに、逆だと見えてしまうのでこちらからと言われていたのに間違えてしまい、『段取りを守らないな……』と三浦監督に怒られました」。

撮り方にはそれぞれのシーンごとにこだわりがあり、「最初の咲良とのシーンは、カットをしっかり決めてひとつひとつの行為を丁寧に撮り、ヒロミとのシーンは表情を追ってリョウの心情の変化を描き、泉川夫妻ではあまりカットを割らずに一連の動作で魅せて、主婦との場面は行為自体に重きを置くというよりは彼女の感情に寄り添うようにしました。やみくもに撮っているわけではないです(笑)。」と三浦監督が説明した。

次の「キャストのみなさんは、舞台をご覧になりましたか?」という問いに、荻野は観ておらず、佐々木は「チケットがすぐに完売になっていたので観られませんでした。でも観たら先入観を持ってしまったかな。でも観たかったのでもう一度やってください」と答え、大谷も「観ていたらオーディションとのときにうまくできなかったかなと思うので、観たかったけれど観なくてよかったかな」と同意した。

松坂桃李の現場での様子も明らかに

「私しか知らないリョウくん、私しか知らない松坂さんというエピソードはありますか?」という質問に、それぞれ1日くらいしか撮影日がなかったことも明かされたが、荻野は「人見知りの私に合わせてくれて、ワーッと話すのではなく一緒にいてくれるという感じで接してくださったのが印象的でした」、佐々木は「西岡さんと桃李くんとずっと3人一緒だったのですが、西岡さんのお話を桃李くんはずーっと真剣に聞いていて、本当にいい方なんだなと。表裏無く、いつも真剣で。」と振り返った。大谷は「私の控え室が撮影場所から遠いことを知った松坂さんが、(より近いところにある)自分の控え室で休憩したらと言ってくれました。実年齢は1歳差ですが、松坂さんはお兄さん、いや、お父さんのような寛大さがある方でした」。三浦監督は松坂と飲みに行ったときの話で、「付き合いも長いし、もう1歩踏み込もうと思って、『家行っていい?』と思い切って女性を口説く感じで聞くと、速攻『ダメです』と断られました。そこの一線は守るんだ。貞操観念が強い女性のような。」と笑った。

「濡れ場を演じているとき、どのような気持ちでしたか?」というストレートな問いに、撮影現場では役に合わせて相手の方を好きになってしまうという佐々木は、「今回は、夫婦として西岡さんを愛しているからこその激しさ、見られている羞恥心を感じていたと思います」と話した。大谷は「役者としてこの瞬間は今しかないので、いい作品に出合えて何か持って帰らないのはもったいないと、楽しいー! と思ってやっていました」。三浦監督が、「段取りは僕がつけて、そこに気持ちを入れていくのですが、松坂くんが本当の感情でぶつかっていくので、すごく導いてくれたと思います。女優さんたちは委ねればよかったのかなと。本気できてくれるのでそれに乗ってできたんだなと。濡れ場は女性もですが、男性も大変だったと思います。」と松坂をねぎらうと、女優陣もうなずいた。

他にも、原作との違いや松坂の目の演技についての話が繰り広げられた。

来場者に鑑賞回数を尋ねると、リピーターがほとんどで、最多は11回という熱狂をもたらしている本作。最後に三浦監督が、「今日は遅い時間に本当にありがとうございます。今、大ヒットしているのはみなさまの口コミのおかげだと思っております。みなさんに大きい作品にしていただいたなという気持ちで、感謝を伝えさせていただきたいです。これからもさらなるヒットとしていただけたら嬉しいです。」とお礼の言葉を述べ、大盛況の中、幕を閉じた。

text by official

映画『娼年』

2018.03.09(金)TOHOシネマズ新宿 他全国ロードショー

出演者:松坂桃李・真飛聖・冨手麻妙・猪塚健太・桜井ユキ・小柳友・馬渕英里何・荻野友里・佐々木心音・大谷麻衣・階戶瑠李・⻄岡德馬・江波杏子
脚本・監督:三浦大輔
原作:石田衣良『娼年』(集英社文庫刊)
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
レイティング:R18+
(C)石田衣良・集英社2017映画『娼年』製作委員会
詳細はこちら

▼RELATED
R18映画『娼年』舞台挨拶で三浦監督が「お尻の痙攣は松坂桃李君のアドリブです!」と爆弾発言!?

R18映画『娼年』舞台挨拶、松坂桃李が濡れ場シーン長時間撮影の苦労を語る。

Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

Published on