•        
plan01_recruit_20170927

ユーラシア経済連合(Eurasian Economic Commission、以下ECC)のデータベースにiPhoneの新モデルとみられる端末が追加されました。iPhone SEの後継モデル「iPhone SE 2」が6月までに登場するかもしれません。iPhone Xのラインナップににゴールドが追加される可能性も。

ユーラシア経済連合(Eurasian Economic Commission、以下ECC)のデータベースにiPhoneの新モデルとみられる端末が追加されました。 SEの後継モデル「 SE 2」が6月までに登場するかもしれません。

新iPhoneの資料が提出

フランスの情報サイト『Consomac』が指摘したもので、提出された資料によると「」が搭載されるデバイスとなるようです。

」が搭載されるとすれば、発売が噂されているiPhone Xの後継モデルではなくiPhone SEの後継モデルとなる低価格のiPhone、またはiPhone Xの新色の可能性が考えられます。

MacRumors』によると3月に発表されたiPad9.7インチモデルの資料は、2月にはECCに提出されていたそうです。タイミングを考えると新iPhoneの発売は5月、6月頃と予想。

しかし、これまでもApple製品の予想を的中させてきたKGIのアナリスト、ミン・チー・クオは2018年秋に発売されるモデルの出荷の遅れを避けるためiPhone SE 2を生産する余裕はないのではないかとiPhoen Se 2の発売の可能性は低いと指摘しています。

▼RELATED
iPhone SE 2が2018年に発売される可能性は低い?

Xのラインナップににゴールドが追加される可能性も

昨年9月にAppleがFCC(連邦通信委員会)にiPhone Xのカラーバリエーションとしてゴールド(金色)の資料も提出していたことから、iPhone Xのゴールドが発売される可能性もあります。

▼RELATED
iPhone Xのゴールドモデルが登場するはずだった?Apple提出資料が公開に!

2018年はiPhone X Plusが登場?ゴールドもラインナップに追加?

plan02_recruit_20170927b
Ryosuke Suzuki

Ryosuke Suzuki

Qetic編集部

北海道札幌市出身。The Libertinesを追いかけて渡英し文学、音楽などの英国文化に触れ帰国。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数