宮沢香奈

まだあまり知られてない!?ベルリンのファッションウィークの徹底リサーチ

昨年の冷夏からは想像出来ないほどの猛暑が続く今年のベルリンの夏。まだ異常を感じるまでにはなっていなかった心地良い陽気が続いていた7月上旬、“Berlin Fashion Week”が開催された。これまでと同様メルセデス・ […]

33
INTERVIEW

カール・ラガーフェルドが夢中!草間彌生、YMOから影響を受けた、ベルリン発エレクトロクラッシュ・アーティスト!チックス・オン・スピードが語る20年周年インタビュー

ベルリン発のエレクトログループ、チックス・オン・スピード(Chicks on Speed)へ20周年記念インタビューを敢行。元祖エレクトロクラッシュ・ガールズたちの出会いやベルリン時代のエピソード、写真家の花代との交友やインスピレーションを受けたという草間弥生まで、日本人アーティストについても貴重なプライベート写真とともに振り返る。

104
宮沢香奈

ロンドンでもパリでもなく、なぜベルリンに魅せられるのか?インタビュー『ベルリンで生きる女性たち』特別編 後編

前回に引き続き、“MAISON EUREKA”デザイナー中津由利加さんをゲストインタビュアーに迎え、私、宮沢香奈へのインタビューを行った。ローカルならではのクラブカルチャーへの感性や実体験、海外で自分の好きなことを実現させるための秘訣など、苦労話も交えて前編よりさらにディープに真剣に語る。

81
宮沢香奈

ロンドンでもパリでもなく、なぜベルリンに魅せられるのか?インタビュー『ベルリンで生きる女性たち』特別編 前編

彼女に初めて会った日のことは鮮明に覚えている。友人が手掛けていたファッションウィークのイベントで、ブラックのプラットフォームパンプスに真っ赤な口紅がとても良く似合っていた。のちに彼女は自身のファッションレーベルMAISO […]

214
宮沢香奈

廃墟を撮り続けたベルリンの写真家にインタビュー。消えゆく世界の美しい廃墟に迫る!

廃墟が作り出す芸術に魅了されるようになったのはベルリンに住みだしてからだ。古城の美しさに見惚れるのとはまた違う。朽ち果てたビルの至るところに描かれたグラフィティーはかつての時代には存在していなかった。歴史の産物と現在のストリートアートが共鳴し合う圧巻の世界。その世界を撮り続けている一人の写真家がいる。ベルリン在住の日本人フォトグラファー山田悠人が撮る廃墟は非現実的であり、静寂の中に何とも言えない美を感じさせる。

その集大成として写真集『SILENT WORLD-消えゆく世界の美しい廃墟-』が初出版される。その発売を前にスペシャルインタビューを行った。

273
frankmuller
MUSIC

【今週末】テクノ大国ドイツ・ベルリンの最重要人物 Frank Mullerがついに来阪!

Laurent Garnier、Marcel Dettman、Skudgeら大物アーティストが最大級のリスペクトを送る、ベルリン・アンダーグラウンド・テクノシーンのパイオニア、Frank Muller aka Beroshima/フランク・ムラーakaベロシマが5月19日(土)、梅田do with cafeに登場する。YASHIMA、BLUETREExxx、DJ Dmitri、Naluu、MiAら関西の要注目DJも出演予定。

34
km-post71
宮沢香奈

【レポート】ベルリンで色盲のアーティストが描くカラフルな世界。目に見えているものは本当にその色なのか?

またひとり、才能溢れる若き日本人アーティストと出会った。共通の友人から紹介された武田竜真(Tatsuma TAKEDA)というアーティストはこれまで出会ったアーティストとはまた違う雰囲気とベクトルを持っていた。ベルリンからドレスデン、そして今またベルリンに拠点を移した彼はある側面において”ベルリンぽくない”アーティストとも言えるだろう。ベルリンのKunstquartier Bethanienで3月に開催されていた個展『Death Becomes Her』のレポートとともに武田竜真という一人のアーティストに迫る。

60
FILM

ウェス・アンダーソン監督最新作『犬ヶ島』がベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)受賞!

世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集するウェス・アンダーソン(Wes Anderson)監督の最新作、映画『犬ヶ島』が第68回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(監督賞)を受賞。

16
Isolation Berlin
MUSIC

ジョイ・ディヴィジョンを彷彿させる。アイソレーション・ベルリン、最新作『Vergifte dich』リリース!

“ベスト・ニュー・ジャーマン・バンド”と注目されているドイツ・ベルリン発ジャーマン・ポストパンク/プロトポップバンド、アイソレーション・ベルリン(Isolation Berlin)の2ndアルバム『Vergifte di […]

17
犬ヶ島
FILM

映画『犬ヶ島』新場面写真公開!RADWIMPS・野田洋次郎&夏木マリの<第68回ベルリン国際映画祭>参加決定!

全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集するウェス・アンダーソン(Wes Anderson)監督の最新作、映画『犬ヶ島(Isle of Dogs)』が2018年5月より全国公開。第68回ベルリン国際映画祭にRADWIMPS・野田洋次郎と夏木マリが参加決定&新場面写真公開。

14
suzuki-eiici-interview_main
宮沢香奈

【インタビュー】ベルリンの“仕立屋”鈴木詠一の手から生まれる洋服たち

パッと見のデザインの良さから手に取った瞬間目に入るのは分かりやすく印字されたプライスタグ。3桁で表示されていることの方が珍しい同じ顔の洋服たちは1本のラックにギュウギュウに詰め込まれる。どこの街でも見慣れたファッション風 […]

99
宮沢香奈

ベルリンで生きる女性たち Part.4

前回のコラムで紹介した通り、街は住みやすくなる一方でビザが厳しくなるベルリン。しかし、様々な分野でセンスと才能を発揮する若き日本人の姿が目立ってきているのも事実である。 日本で身に付けたスキルや感覚を活かしながらこの街だ […]

222
宮沢香奈

【実録!!】ドイツの首都ベルリンでビザ延長が認められるまでの長い道のり

ドイツ、ベルリンで通称アーティストビザことフリーランスビザ(滞在許可証/Aufenthaltserlaubnis)の更新を申請する実際の過程をご紹介。必要書類、揃えておいたほうがいい書類、通訳・言葉の問題。コンサルタント、弁護士に相談し、予約(アポイント)を取って面接に望む様子をレポート。ヨーロッパで日本人が住むという大変さの一端を垣間見ることができる実録記。

112
Japanese Sake Festival Berlin 2017
GOURMET

【レポート】いま「酒」がアツいベルリンで、日本酒 × ダンスミュージックの祭典<Japanese Sake Festival>開催

ドイツと言えば、ビールとソーセージ。これは今も昔も変わらないけど、ここ数年のベルリンに関して言えば、もはやそれは当てはまらない。筆者が移住してきた7年前ごろ、「ベルリンには、ケバブぐらいしかまともな食べ物がない」などと揶揄されていたし、実際ビールは安くて美味いが、悲しいかな、食に関してこの街に期待することは、あまりなかった。ところが、とくにここ2年ほどだろうか? 著しくインターナショナル化がすすみ、至るところで英語を耳にするベルリンでは、毎月のようにあたらしいレストランやカフェがオープンし、世界各国の美味しいものが簡単に食べられるようになった。

379
km62
宮沢香奈

新たな秘密基地とアートが密接するベルリンのカルチャー

一部では飽和状態と言われているベルリンのクラブシーンであるが、そんなことはお構いなしにまた新たなクラブがオープンするとの情報が入った。 ”観光地”と化してしまったらまた別の場所に新しい基地を作り、耳が早いローカルによって […]

37
宮沢香奈

今ベルリンの居酒屋がおもしろい!!クオリティーもセンスも良い和食レストラン増加中

ドイツ・ベルリンで増加中の日本食が食べられる和食レストラン・居酒屋。今回は“居酒屋”にスポットを当て、新しくオープンしたばかりの話題の2店舗「Izakaya WATAPAS」、「Life Berlin」を紹介したい。単なる食レポではなく、そこに関わる人たちの人生や背景も垣間見られるレポートになっています。是非ご覧ください!!

194
MUSIC

眠らずに夜を愉しむホステルで1周年イベント開催!ベルリン在住、注目のアーティストKyokaが出演!

ふくろうの如く賢く夜行性で夜まで遊びつくす東京のスタイルを体現し、2016年7月22日に八丁堀にオープンした「WISE OWL HOSTELS TOKYO(ワイズ アウル ホステルズ トーキョー)」 は、1周年を記念し、コンセプトを体現する“眠らせない”宿泊プラン付きスペシャルナイトを7月15日(土)に開催。真鍋大度、Yosi Horikawa、Daisuke Tanabe、Kyoka、Ametsubらが出演。

36
MUSIC

ベルリン拠点のデュオ”Opal Sunn”が日本で2度目となるライヴセットをCIRCUS TOKYOにて披露!

今年の3月にUKの新興レーベル〈Planet Sundae〉からデビューダブルEPの『Part I』をリリースし、初夏には『Part II』のリリースを控える、ベルリン拠点のライヴユニットOpal Sunnが日本で2度目となるライヴセットを6月2日(金)にCIRCUS TOKYOにて行う。

13
ATSUSHI
宮沢香奈

【インタビュー】ダンサーATSUSHIがベルリンで語る、”踊る”ということ。

詳しい告知は一切なく、日本であればあり得ないほど小さく狭いライブハウスの、しかもメインゲストでもないイベントのステージに立つ彼らを見た時、生まれて初めて音楽の素晴らしさを知った時のような、もはや言葉になど出来ない感動を覚 […]

64
Red Pig Flower
MUSIC

東京、ロンドンそしてベルリンへ。世界を縦横無尽に活躍するRed Pig Flowerが「Space Jazz EP」をリリース!

〈Sound Of Vast〉のレーベルオーナーRed Pig Flowerが新作EPを5月8日(月)にリリース。東京とロンドンでそれぞれ数年過ごした後、現在はベルリンを拠点に活動するDJ/プロデューサーRed Pig Flowerは、Knockと共に、元々はクラブイベントであった<Vast>を2014年にレーベルとして始動させ、これまでにVid aka Egal 3、San Proper、DJ Sodeyamaの別名義The People In Fog等の作品を世に送り出してきた。

7
MUSIC

ベルリンを拠点に活動するHiroaki OBAとAl KassianによるライブユニットOpal SunnがデビューEPをリリース!

Photo by Suguru Saito / Red Bull Content Pool. ベルリン拠点のプロデューサー、Hiroaki OBAとAl KassianによるライブユニットOpal SunnのデビューダブルEPの1作目がロンドンの新興レーベルPlanet Sundaeからリリースする。

9
ベルリンで生きる女性たち
宮沢香奈

ベルリンで生きる女性たち Part.3

ドイツ・ベルリンを心から愛し、ファッション、アート、ビューティーの世界で実力を発揮し、たくましく、そして、とても楽しそうに生きている日本人女性二人にスポットを当て、対談形式でインタビュー。

26
LIFE&FASHION

ベルリンのアンダーグラウンド・コミュニティスペース「Sameheads」ファッション、アート、音楽を凝縮したポップアップショップを展開

ドイツ・ベルリンを代表するアンダーグラウンド・コミュニティスペース「Sameheads」が日本に再上陸! 

0
宮沢香奈

【インタビュー】”死後100年に残る絵を描きたい” ベルリン在住の油絵画家・星 智に迫る

知人を通して、星 智という1人の画家を紹介してもらった。今回は、ベルリンのアトリエにお邪魔して、対談形式でインタビューさせて頂きました。

0
宮沢香奈

【インタビュー】欧州ツアーを終えたDJ Chidaがベルリンで語る

5月1日のメーデーに、<Panorama Bar>にてツアーのフィナーレを終えたChida氏を捕まえて話を聞かせてもらった。そこに立った人間にしか分からない緊張と優越と未来、そして、音楽に対するどこまでも熱い思いを初夏の陽気となったベルリンで語ってもらった。

2
MUSIC

ベルリンのハードクラバーたちを熱狂させる2人がやって来る!

イタリア出身、ディスコからテクノまで幅広い選曲を必ず2人のバックトゥバックでプレイしてきたGiacomoとGiovanni。そんな息の合った2人のロングセットを堪能する貴重なイベントが5月27日(金)contactにて開催される。

0
宮沢香奈

ブルックリンからやってきた日本みたいなベルリンのカフェ

「HOUSE OF SMALL WONDER」のランチタイムにお邪魔し、オープンから1年半を迎えた”今”を取材させてもらった。久しぶりの食レポートになります。是非ご覧下さい!

2
宮沢香奈

ベルリンで生きる女性たち【DJ編】

今回は、これまであまり語られることがなかったDJ Anriの素顔にじっくり迫りたいと思う。前回に引き続き、「女性特集」第二弾です。是非ご覧下さい!!

2
宮沢香奈

ベルリンで生きる女性たち【ヴァイオリニスト編】

水面下で熟成させてきた“女性特集”を今こそ決行しようと思う。1人目はプライベートでも親交の深いヴァイオリニストの滝千春さん。なかなか触れ合う機会の少ないクラシックというジャンル、長年の海外生活から見えてくるもの、日本の教育に至るまで、幅広い内容でお届け!

0
宮沢香奈

ベルリンの住めちゃうコンテナスタジオって何!?

旧東ドイツの面影をそのまま背負ったフリードリヒスハインに存在する”コンテナスタジオ”を紹介したい。スタジオと住居も兼ねているという小さなコンテナに暮らす一人の日本人アーティストに密着取材してきた。

0
宮沢香奈

ベルリンの究極が詰まった街フリードリヒスハインを知れ

退廃的な建築に容赦なく描かれた壁画、異様な空気の薄暗いストリート、それだけで構築された荒れ朽ちた街並はまるで生き物のように圧倒的な存在感を放ち、それと同時にとてつもなく美しい芸術でもあった。

0
宮沢香奈

【スペシャル対談!!】文化服装学院でベルリン、東京、メディアについて語る

「ベルリンと東京」、「雑誌の存在意義」という2つのテーマに基づき、90分に及ぶ長いようで短い時間の中で語った内容を要約してお伝えしたいと思う。

0
宮沢香奈

日本人クリエイターに問う。あなたにとってのベルリンとは?

ドイツの異端児ベルリンに様々な形で関わっている日本人クリエイターたちに「あなたにとって、ベルリンとは?」を聞いてみた。

0
宮沢香奈

ドイツの異端児“ベルリン”に注目が集まる理由とは!?

ファッションやアート、IT系のスタートアップなど、他のクリエイティブな分野においてなのだ。確かに、毎日どこかでレセプションパーティーやエキシビジョンが開催され、その数は東京と比例する。もしかしたら、まだ見ぬベルリンカルチャーがどこかに潜んでいるのかもしれない。“今なぜベルリンなのか?”その実態を様々な角度から探ってみた

0
宮沢香奈

ベルリンの新たなムーブメントは“ノイケルン”で起きている!?

どこへ行っても英語が飛び交い、住んでいる人の多くは若い外国人、新しさと昔の名残が入り混じり、他にはない独特のパワーを感じるNeukölln(ノイケルン)の夜の街を歩きながら、アンダーグラウンドカルチャーで満ち溢れていた80年代を想像した。

144
宮沢香奈

超ディープ!こだわり抜いたベルリンのパーティーに潜入!

今回、友人でもある日本人アーティストたちの協力を得て、いくつかのローカルパーティーの取材をさせてもらった。

0
12345678910・・・
plan03_qetichub02_20180706

RANKING

DAILY

WEEKLY

MONTHLY