plan01_recruit_20181113a

伝説のバンド・クイーン(Queen)。常識を打ち破り世界を変えたフレディ・マーキュリーの生き様を、魂に響く28の名曲と共に贈る感動の物語『ボヘミアン・ラプソディ』。衰え知らずの興行を続けている中、IMAX、ドルビーアトモス、スクリーンXなど特殊フォーマット上映でも興収記録を更新! 応援上映も大盛況で平成最後の大喝采はまだまだ続いている。

▼RELATED
クイーンから映画『ボヘミアン・ラプソディ』を語る、増田勇一×東郷かおる子対談レポート
「ボヘミアン・ラプソディ」でカットされた日本公演のシーンが公開?

IMAX(R)日本歴代興収No.1に

全国31スクリーンのIMAXでの『ボヘミアン・ラプソディ』の1月20日(日)までのIMAX累計興収では、10億6,347万8,300円(動員562,763人)を記録。同期間の本作の全フォーマット(全国544スクリーン)累計興行収入99億4,635万8,480(動員7,201,087人)のうちの10.7%を占める高稼働となった。ついに、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年公開、最終興収116億円、IMAX興収10億3600万円)を抜いて、IMAXでの日本歴代興収No.1のチャンピオンに『ボヘミアン・ラプソディ』が躍り出た。

あの伝説の「ライヴ・エイド」を映画館ならではの最高の音響および上映環境で体験できるということで、様々な特殊フォーマットや観客参加型の応援上映を見比べて楽しむ観客が続出。リピーター観客が動員数を押し上げる要因の一つとなっている。

映画体験を選ぶ

自宅の大型TVモニターでビデオソフトやデジタル配信、TV放送などで映画が劇場公開の約4ヶ月後から順次観られるほか、PCやタブレットやスマートフォンなどでの映画含む映像視聴が当たり前になってきている今だからこそ、映画館の大スクリーンで<映画を見る>行為がさらに進化して、最高の<映画体験を選ぶ>というイベントになっている。

さらにその体験を観客自身がTwitterなどのSNSで発信し、情報交換することで世代を超えた拡がりと新たな映画鑑賞者やさらなるリピーターを呼び込んでいる。

“胸アツ” 応援上映(全国222スクリーン)

拍手OK! 手拍子OK! 発声OK! コスプレOK!
 
映画本編の歌曲部分に英語字幕を乗せた、応援可能は特別バージョンの上映。最近はライヴ・エイド部分でスタンディング可能な上映や、劇場スタッフが独自の前説で映画上映前に場内を盛り上げるスタイルも話題になっている。

全国規模で応援上映を行った作品は本作が初めてのため、応援上映の日本歴代興収No.1だと推定される。
動員215,006人/興行収入 3億309万3,900円

特殊フォーマット上映(順不同)

ドルビーアトモス(全国23スクリーン) 

音声オブジェクトと天井スピーカーを導入した最新シネマ音響技術Dolby Atomos®によって、リアルなサウンドが劇場内を縦横無尽に駆け巡り、映画のストーリーに没入できるムービーングオーディオを実現。

4DX(全国51スクリーン)

体感型(4D)映画上映システム。モーションシートが映画のシーンに合わせ、前後&上下左右に動くほか、水や風、香り、煙など様々なエモーショナルな特殊効果で映画を身体全体で感じるアトラクション・スタイルの上映システム。

ScreenX(4スクリーン)

3面マルチプロジェクションシステム。正面のスクリーンに加え、両側面(壁面)にも投影され270度の視界すべてで映画を鑑賞することができる。
『ボヘミアン・ラプソディ』はScreenXの全世界歴代興収No.1の最高記録となった。

ドルビーシネマ(1スクリーン)

昨年末、T・ジョイ博多が日本初導入。ドルビービジョンプロジェクションシステムによって、広色域で鮮明な色彩と幅広いコントラストを表現するハイダイナミックレンジ(HDR)映像とドルビーアトモスの音響を組み合わせた究極のシアター。

興行収入100億円の突破が確実に

本日、1月22日(火)中には、ついに、11月9日の劇場公開初日には予想もしていなかった、興行収入100億円の突破が確実となる。また、本日深夜に予定される第91回アカデミー賞のノミネート発表で主要部門(作品賞、主演男優賞)のノミネートが期待され、まだまだ『ボヘミアン・ラプソディ』クイーン旋風の勢いは止まらない。

ボヘミアン・ラプソディ

大ヒット絶賛上映中

原題:Bohemian Rhapsody
監督:ブライアン・シンガー
製作:グレアム・キング / ジム・ビーチ 
音楽総指揮:ブライアン・メイ(クイーン / ギター) / ロジャー・テイラー(クイーン / ドラマー)
出演:ラミ・マレック / ジョセフ・マッゼロ / ベン・ハーディ / グウィリム・リー / ルーシー・ボイントン / マイク・マイヤーズ / アレン・リーチ
全米公開:11月2日
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox
詳細はこちら

RELATED
映画『ボヘミアン・ラプソディ』累計興行収入43億円突破!公開5週目好調でゴールデングローブ賞にもノミネート!
映画『ボヘミアン・ラプソディ』の世界中で大ヒット!クイーンの“Bohemian Rhapsody”が20世紀の曲で最も聞かれた曲に!
「新宿ピカデリー爆音映画祭」、『ボヘミアン・ラプソディ』全上映分即完につき開催期間延長!

船津晃一朗

船津晃一朗

Qetic編集部

Published on