村尾泰郎

村尾泰郎

音楽/映画ライター

1968年生まれ。京都出身。音楽雑誌の編集者を経てフリーのライターに。ロックや映画に関するあれこれを中心に、雑誌、ライナーノーツ、パンフレットなどに寄稿。

FILM

DVの恐怖を描いた映画『ジュリアン』|来日中の監督グザヴィエ・ルグラン、主演トーマス・ジオリアが語る制作の裏側

ドメスティック・ヴァイオレンス(DV)の恐怖を描いた映画『ジュリアン』は、11歳の少年、ジュリアンをめぐる物語だ。監督のグザヴィエ・ルグランは、長編デビューとなる本作で2017年のヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞。ジュリアンを演じたトーマス・ジオリアも同じく本作が長編映画デビュー。来日中の2人にインタビューを行った。

13
FILM

話題の映画『バスキア、10代最後のとき』を観る前に……、NYのストリートカルチャーに大きな影響を与えながら夭折した天才の一生を辿る

27歳の若さでこの世を去りながら、今やアンディ・ウォーホルと並んで、アメリカの現代アートを代表する存在となったジャン=ミシェル・バスキア。彼が有名になるまでを追ったドキュメンタリー映画『バスキア、10代最後のとき』が話題を呼んでいるが、バスキアとは一体どんなアーティストだったのか。

68
FILM

サンタからグレムリンまで!家族で楽しめるクリスマス映画4選

家族とパーティ気分で楽しめる『東京ゴッドファーザーズ』や『エルフ ~サンタの国からやってきた~』などクリスマス映画を4本ご紹介。

3
huyunimitakunarueiga_sounyuuka
FILM

人肌恋しい季節に!スティーヴィー・ワンダーやリチャード・サンダーソン、心を温めてくれる恋愛映画&挿入歌5選

人肌が恋しくなる寒い季節。優しい気持ちになれる恋愛映画が、ささやかな温もりを与えてくれる。恋愛映画の中から、リチャード・サンダーソン(Richard Sanderson)の「愛のファンタジー」やスティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)「マイ・シェリー・アモール」など作品の中で流れる挿入歌が心に残る作品を紹介。映画を観終わった後、その挿入歌を聴けば、カイロみたいに心を温めてくれるはず。

0
FILM

フィン・ヴォルフハルト、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で話題の15歳の魅力に迫る

いま15歳という若さで、新世代の映画スターとして注目を集めているカナダ出身のフィン・ヴォルフハルト。『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で話題になって以来、フィンは個性的な顔立ちと人懐っこいキャラクターで注目を集めてきた。カルプルニア(Calpurnia)というバンドでも活躍し、2018年11月には初来日公演を予定。そんなフィンの魅力を紹介します。

3
wasureteitananikawoomoidasu
FILM

忘れてしまった大切なものはありますか?名作『スタンド・バイ・ミー』や『パーソナル・ソング』など記憶を巡る映画5選

忙しい日々の中で忘れてしまった何かを思い出すことは自分自身を再発見することでもある。そんな忘れていた何かを思い出させてくれる映画としてスティーヴン・キングの小説を映画化した名作『スタンド・バイ・ミー』や音楽と人間の不思議な関係を描く『パーソナル・ソング』など5つの映画を紹介。きっと大切なものを思い出すきっかけを与えれくれることだろう。

12
ellefanning
FILM

女優エル・ファニング出演映画『SOMEWHERE』から『メアリーの総て』まで!名監督ソフィア・コッポラをも魅了する魔性の魅力

2018年12月公開の映画『メアリーの総て』でゴシック小説の古典『フランケンシュタイン』を18歳で書いたメアリー・シェリー役を演じるエル・ファニング。ソフィア・コッポラ監督の映画を中心に『SOMEWHERE』、『SUPER 8/スーパーエイト』、『ネオン・デーモン』、『マレフィセント』など話題作に続々と出演する女優・エル・ファニング。多くの名監督たち惹きつけるその魅力に迫る。

17
snowfilm
FILM

雪の美しさ、そしてぬくもりを感じさせてくれる映画3選

そろそろ、雪がちらつく季節。雪は日頃見慣れた世界を、あっという間に異世界へと変えてしまう。だからこそ、映画に彩りを与えてくれる。寒いのが苦手な人も、暖かい部屋にいながらにして美しい雪景色を楽しむことができる映画3作を紹介。

9
FILM

映画『キックス』公開記念。ストリート・カルチャーの魅力に触れられる映画4選

一足のスニーカーをめぐって、LAで繰り広げられる若者達のドラマを描いた『キックス』が話題を呼んでいる。スニーカーをはじめ、スケボーやヒップホップなど、若者文化が生み出してきたストリート・カルチャーは、若者達のファションやライフスタイルにも影響を与えてきた。『キックス』の公開にちなんで、ストリート・カルチャーの魅力に触れことができる映画を4作品紹介しよう。

21
PR

【インタビュー】コートニー・バーネットが問題意識と向き合った新作。世界を旅して得たものとは?

5月18日に待望のセカンド・アルバム『Tell Me How You Really Feel』をリリースしたコートニー・バーネット(Courtney Barnett)へ、音楽に誠実に向き合う気持ち、世界を旅して感じたこと、アルバム制作の背景を訊いてみた。

18
PR

【インタビュー】あっこゴリラが語る映画『わたしは、幸福(フェリシテ)』の魅力

コンゴの首都キンシャサを舞台に、フランス語で「幸福」を意味する名前を持つ女性シンガー・フェリシテの物語を描いた映画『わたしは、幸福(フェリシテ)』。その魅力をいま注目のラッパー、あっこゴリラが語る。自分と同じようにマイク一本で生きるフェリシテに対する想いとは。

90
INTERVIEW

【インタビュー】映画『エンドレス・ポエトリー』アダン・ホドロフスキーが明かす舞台裏!ホドロフスキー映画、制作の秘密とは?

『エル・トポ』、『ホーリー・マウンテン』など、伝説的な作品を世に送り出してきた鬼才アレハンドロ・ホドロフスキー(Alejandro Jodorowsky)監督。独創的なスタイルでみずからの人生を振り返った前作『リアリティのダンス』の続編『エンドレス・ポエトリー(EndlessPpoetry)』主演アダン・ホドロフスキー(Adan Jodorowsky)にホドロフスキーの映画作りの秘密や自身の音楽活動、ジョージ・ハリスンとの知られざる逸話などを訊いた。

90
PR

【インタビュー】桑原あい×石若駿 『サタデーステーション』『サンデーステーション』オープニング・テーマ曲『ディア・ファミリー』から生まれた快作

テレビ朝日系報道番組『サタデーステーション』『サンデーステーション』のオープニング・テーマ曲“ディア・ファミリー”(Dear Family)から生まれたアルバム『ディア・ファミリー』。日本のジャズ・シーンで若手No.1の呼び声も高いピアニスト、桑原あい(Ai Kuwabara)。そして、ジャンルを越えて様々なアーティストと共演するドラマー、石若駿(Shun Ishiwaka)による制作の舞台を桑原あいに訊いた。

101
PR

【対談】染谷将太×渡邊琢磨 映画監督と音楽家の関係、最新作『ブランク』を語る

映画監督としてこれまで短編『シミラー バット ディファレント』、『清澄』、『ブランク』を発表している俳優の染谷将太と染谷作品のサントラを手がける渡邊琢磨に二人の出会いから映画音楽作りの背景、そして『ブランク』について二人に話を訊いた。

182
plan03_jetstar_20190122