•        
plan01_recruit_20170927

[宮沢香奈コラム Vol.21]東京では、11月も下旬となれば、普段でさえ充分過ぎるほど明るい街がイルミネーションに照らされ、さらに眩しさを増す。

その中でも”ベルリン一美しい”と言われているのが、Gendarmenmarkt/ジャンダルメンマルクトのクリスマスマーケットである。ドイツ大聖堂、フランス大聖堂、コンツェルトハウスの建築アンサンブルが見事で、クリスマスシーズンでなくとも1年中美しい広場である。敷地内には、巨大なツリー、特設ステージ、レストランやショップが立ち並び、日頃、豪華な宮殿に見慣れてしまっている欧州人でも感動する幻想的なライティングの世界が広がっている。

ドイツ各地のフードやドリンクの屋台がいくつも立ち並び、特設された室内エリアでは、小物や衣服、アクセサリー、おもちゃ、コスメ、工芸品などのブースが軒を連ねる。あまりの数の多さにどこから見ていいのか迷ってしまうほど。レストランも多数あり、グリュービアなどそこでしか飲めないドリンクやコース料理が食べられる本格的な店など、特設とは思えない凝った内装の店内で、寒さを凌ぎながらゆっくりと食事を堪能することが出来る。

次ページ:各ブースや屋台のレベルの高さに驚き

plan02_recruit_20170927
宮沢香奈(Kana Miyazawa)

宮沢香奈(Kana Miyazawa)

フリーランスライター/コラムニスト

長野県生まれ。文化服装学院ファッションビジネス科卒業。 セレクトショップのプレス、ブランドディレクターを経たのち、フリーランスとしてPR事業をスタートさせる。ファッションと音楽の二本を柱に独自のスタイルで実績を積む。2012年頃からライターとして本格的に執筆活動を開始し、ヨーロッパのフェスやローカルカルチャーを取材するなど活動の幅を海外へと広げる。2014年に東京からベルリンへと活動拠点を移す。現在、Qetic,VOGUE,繊研,men's FUDGEなどで連載を持ち、多くのファッション誌やカルチャー誌に寄稿している。また、国内外のカルチャー情報&体験を提供するアクティビティーコマースBANANAにて、現地ガイドを担う。

Qeticの最新情報をチェック!

友だち追加数