COLUMN

みちくさボンバイエ

ボンバイエインタビューVol.6/フィン・ベイラー

プリンス・デビットというリングネームで新日本プロレスに所属していた、フィン・ベイラー選手。6月30日(金)と7月1日(土)に開催されるWWE日本公演<WWE Live Tokyo>に向けて来日したフィン・ベイラー選手にインタビュー。

70
音楽を漫画で

【あのMVを漫画で描く】今夜はブギー・バック/小沢健二 featuring スチャダラパー

「音楽を漫画で」初めまして。漫画を描いています猪原秀陽と申します。主にweb上で作品を発表しています。漫画家としての活動の仕方を模索する最中、かねてからやりたいと思っていた音楽についての漫画を描かせていただくこととなりました。毎回楽曲を一曲選び、その曲を元に一編漫画を描いていきます。

237
ブスNY行きたい族の4LDK

天国と地獄

天国とか地獄が本当にあるか分からないけど、かりによく絵本に出てくるような、善い行いをした人が行くのが天国で、悪い行いをした人が行くのが地獄、みたいな世界があったとしたらさ、普通の人はみんな天国に行きたいから世界の正義が善業になって、日頃の行いは変わってくると思うのよ

18
#実録りんご音楽祭の裏側(閲覧注意)

りんご音楽祭が桃源郷になるのは夜の七時

さてと、もはやお馴染み(勝手にそう思うことにした)「#実録りんご音楽祭の裏側」(閲覧注意)でございますが…駄文ならぬ堕レポを綴らせて頂きますのは、90年代後期に勢いで家出してから夜遊び続けて20年弱…昼夜逆転が逆転すると体調を崩すという、摩訶不思議な生態系に属する「しぶやの女神」(注:ペンネーム)と申します。どうぞ良い距離感での末永いお付き合いを宜しくお願い致します。(注:獅子座AB型なので距離感が一番大事)

51
宮沢香奈

RPR SOUNDSYSTEM & Dreamrec来日イベント現場レポ!!

ルーマニアのシーンを伝え続けてきたパーティーの集大成がここに。2017年4月1日恵比寿LIQUIDROOMにて開催されたRPR SOUNDSYSTEM & Dreamrecの来日イベントのレポートを臨場感溢れる写真とともにお届けしたい。インターナショナルでファッション感度の高い人が多かった来場者スナップも是非ご覧下さい!!

145
kim(UHNELLYS)

灰色の日々

判決が下った直後の裁判所で「お前が会いに来ると余計に辛くなるから面会には来ないでくれ」と言われたのが7年前。私は彼に言われた通り、面会には一度も行かなかった。事件のあとは住所も仕事も変えて、ひっそりと暮らしながら彼の帰りを待っていた。もう今の私には家族も友人もいない。たった一人も。

14
ブスNY行きたい族の4LDK

「私が漫画を読まない理由」カルロスまーちゃんのビリビリスプリング

先日、湊かなえさんの「母性」を読んだ
読み終わった場所がカフェだった

ハンカチを持っていて
本当によかった

衝撃的な時間を過ごし
カフェオレを飲むのも忘れてた

あの衝撃を例えるなら
三日月の明かりで日焼けしてしまった
それぐらいの衝撃

そして今更ながら
「本」という存在にすら感動した

文字が連なるだけで
こんなに感動するものかと
この感動は多分、一生引きずる

21
よっちゃんの海外奔放記

海外の瞑想合宿でブッ飛びナチュラルハイ体験!

そもそも、瞑想合宿に興味を持った理由は、何故だか国籍問わずバックパッカーの中にスピリチュアルが好きな人が多く、日本に帰国予定のあった私は、国内でも体験でき且つ、ドネーションだけで参加出来る合宿を見つけたので、興味本位でこの合宿に参加したのがキッカケでした。

他のコラムやブログにも「瞑想合宿」の体験談は多く書かれていますので、タイトルにありますように”ナチュラルハイ”にフォーカスを当ててご紹介していこうと思います。

105
kim(UHNELLYS)

ニューヨークの恋人

いつも優しい夫。穏やかな夫。世間にはそう見えている。でも本当はただの冴えないつまらない夫。服装のセンスまるで無し。口喧嘩では1度も私に勝ったことが無い。明らかに私が悪くても。夫はそんな男。だから油断してた。夫は初めて浮気をするつもりらしい。SNSで何ヶ月もメール交換している、会ったことも無い女と。

22
片山智弘

イントレプレナーを応援する、事業創造拠点「Clipニホンバシ」のリニューアルと支持される理由

ビジネス創造の場づくりや支援プログラムの提供が活発化している。

この領域のキープレイヤーの1つとして注目されているのが、三井不動産のベンチャー共創事業 「31VENTURES」だ。今回は、31VENTURESが運営を行う数あるオフィス/コワーキングスペース群の中でも、リニューアルを経て更に脚光を浴びて拡大している「Clipニホンバシ」について紹介。

10
宮田維人

サンフランシスコへ

LAと同じくカリフォルニア州の都市 サンフランシスコ。一度トランジットで立ち寄った際に数時間だけ街に滞在しただけで、ちゃんと訪れたことはなかった。LAXから約1時間30分のフライトでサンフランシスコに到着。街に向かうUberのドライバーにちゃんと訪れるのは初めてだと告げると色々と教えてくれた。

11
みちくさボンバイエ

日本を代表する蹴殺テクニック、ヒデオ・イタミ

みなさんこんにちは! 実は今、所用でハワイに来ています。浮かれてる感じが出ないように、敢えて「みなさんアロハ〜!」とは言いませんでした(笑)。ハワイといえばジャイアント馬場さんの別荘があり、いろんな選手も合宿を行った場所ということで、こちらに来てもずっとプロレスの事を考えてしまっています…ちなみに今回は、自宅にいた馬場さんを連れてきました! やっぱり馬場さんはフィギュアになっても存在感すごいですねぇ。

17
kim(UHNELLYS)

言葉がなくても

離婚して3年が経った。僕たち夫婦に子供はいなかったが、子供のように可愛がっていた犬達とたまにここで会っている。「引き離すのは可哀想だから」と、妻が新しい夫と面倒をみてくれている。まだ独り身の僕にとっては、久しぶりに家族と過ごせるこの時間がとても大切な時間だ。犬と長く一緒に暮らすと会話が出来るようになる。だから彼らの「言いたくても言えないよ」「でも言わなきゃ」という雰囲気はすぐに伝わって来た。ママに口止めされているのかもしれない。僕はどちらかというと正義感の強い弟のジギーに「大丈夫だから言ってごらん」と伝えた。すると

16
宮田維人

旅の目的 ”CHRONIXX”

今回LAに来た理由は、CHRONIXXというレゲエアーティストのショーを観るため。現在のジャマイカ、そしてレゲエミュージックを代表するアーティストの1人で、世界的にも注目を集める24歳。2011年頃に頭角を現し、MAJOR LAZERのプロデュースで発表したミックステープで一気に火が着いた。

34
kim(UHNELLYS)

彼女の決断

毎日の通勤電車に何か少しでも楽しみがあると気持ちが軽くなる。僕の楽しみはいつも同じ駅から電車に乗ってくる可愛い女の子を眺めること。話しかけたいとか、仲良くなりたいとかそんな下心は全然なくて、ただ毎朝彼女を見つけるのが楽しかった。でも最近の彼女はため息ばかりついている。仕事が大変なのか彼氏と喧嘩でもしたのか。僕は勝手に心配していた。そんな彼女に異変が起こった。

24
#実録りんご音楽祭の裏側(閲覧注意)

オーディションというワードを見るだけで血が騒いじゃって…ごめんなさい。

今回も駄文を綴らせて頂きますのは、90年代後期に勢いで家出してから夜遊び続けて20年弱…昼夜逆転が逆転すると体調を崩すという、摩訶不思議な生態系に属する「しぶやの女神」(注:ペンネーム)と申します。どうぞ良い距離感での末永いお付き合いを宜しくお願い致します。(注:AB型なので距離感が一番大事)

29
ブスNY行きたい族の4LDK

42℃の熱めのお風呂

42℃の熱めのお風呂
寒い冬のおしくらまんじゅう
みんなが貼ってくれたエアーホッカイロ
毎日歩いた道と当たり前のようにいてくれた人達
桜が咲いて見えなくなる向こう側の景色を頭の中で辿っていた

15
アジアン・インディー・ミュージックシーン

アジアン・インディー・ミュージックシーン 〜号外「香港」TTNG&Mylets香港公演・Hidden Agendaへのガサ入れと、香港ミュージックシーンの困難と希望〜

日本ではゴールデンウィークが明けたせいで、少し鬱屈とした空気感が漂っていた2017年5月8日、自分のTwitter上でその空気感を煽るように心配なニュースが飛び交った。TTNG(from UK)とMylets(from […]

1693
よっちゃんの海外奔放記

違法野外レイブパーティに潜入!in オーストラリア

皆様、如何お過ごしでしょうか?日本でも海外でも変わらずパーティが好きで、ナイトスポットに関しては確実に日本より治安が悪く、先日、クラブで楽しんでいたら女性関係でいきなりブッ飛ばされて来ました、どうも、よっちゃんです。今回はかなりパンチのあるタイトルですが… 私の住んでいるオーストラリアのパーティの一つで、深夜に何も無い大自然に囲まれた場所で行われる”Bush Party”と呼ばれる違法レイブに実際に潜入して来ました。そして、その実態を皆様とシェアして行きたいと思います!

149
kim(UHNELLYS)

人間交差点

はとても背が小さいから背が高い人が好き。背が高いだけで恋愛対象になるくらい。だからサマンサの彼氏が凄く背が高くてついつい気になってしまう。顔を見上げて話すたびに胸が高鳴るわ。こんな私に気づいてる彼がさっきから機嫌が悪い。ああでも仕方ないの。ごめんなさい。

10
みちくさボンバイエ

ボンバイエインタビューVol.5/獣神サンダー・ライガー

獣神サンダー・ライガーにダゼー・ファンク・Jr.がインタビュー。2017年5月17日(水)の東京・後楽園ホールで幕を開ける <BEST OF THE SUPER Jr.>の見どころから橋本真也選手やエル・サムライ選手などの爆笑プロレス裏話も。

124
No More JETLAG

日本人はまだ知らないソウルの最新クラブシーン事情 part.1 (Venue編)

私は現在、DJとして1-2ヶ月に1度のペースで韓国でプレイを続けている。行くたびに新しい流行、新しいDJ、新しい箱などと出会える、もはやその成長スピードについていくのが難しいほど。この記事では、めまぐるしく変化するソウルのクラブシーンについて数回に渡って紹介する。

202
ブスNY行きたい族の4LDK

〜アラサーのひとり遊戯〜第六回「五月の晩のニガヨモギ」

「若けりゃ良いってもんじゃない」
27歳を超えたくらいから、何度頭をよぎったかしら。人間は皆平等に歳を取るもの。若さや可愛さだけでは、やっていけなくなるのがアラサー女子。若さと可愛さの代わりに何が必要かしら…

21
kim(UHNELLYS)

ニューヨーク青春白書

僕は小さい頃にビバリーヒルズ高校白書という恋愛テレビドラマを夢中で観ていた。高校生になったら絶対に男女のグループを作ってドラマチックな生活を楽しみたいって思ってた。実際には高校で実現出来ず大学3年の頃にようやく結成。男4人女3人。その中に双子が1組。選びに選んだ理想的なメンバー達だ。

7
plan03_jetstar_20190122