アーサー・ジェフス
INTERVIEW

【インタビュー】息子アーサー・ジェフスが語る!父サイモンとペンギン・カフェ・オーケストラ最後の作品『Union Cafe』

父であるサイモン・ジェフス率いるペンギン・カフェ・オーケストラ(Penguin Cafe Orchestra)最後のスタジオ・アルバム『Union Cafe』が没後20年を記念して〈Erased Tapes〉より再発。息子であるアーサー・ジェフス(Arthur Jeffes)にメール・インタビューを行い初LP化を含む再発プロジェクトが実現した経緯や、父親として/音楽家としてのサイモン・ジェフスについて、そして『Union Cafe』の魅力について語ってもらった。

103
Group2
INTERVIEW

【インタビュー】ミレニアル世代の社会人バンド・Group2のD.I.Y精神。社会と両立しながらバンド活動をする秘訣とは?

広告会社/レコード会社/楽器屋/美術館とそれぞれ働く先が違うけれど、大学卒業間際に結成したバンドを働きながらも続け、精力的に活動しているバンド・Group2。1月25日(火)に公開となった最新MV『MILK』が早くも話題を呼んでいる。平均年齢25歳、社会では若手と言われ働き盛りで忙しい時期だが、遠征や月に1回以上のライブ、週1回のスタジオ練習をしている彼ら。 一体どうやって仕事とバンド活動を両立しているのだろう?最新MV『MILK』の制作過程から、Group2のD.I.Y精神と社会とバンドを両立する秘訣について探ってみた。

108
Freeride World Tour
LIFE&FASHION

世界中で1500万人以上が視聴!フリーライドスキー・スノーボードの世界大会<Freeride World Tour>を現地&ライブ配信で観戦!

2018年1月20日(土)から1月27日(土)の日程でフリーライドスキー・スノーボード世界選手権<Freeride World Tour>(以下、FWT)最高クラスの開幕戦<Freeride World Tour Hak […]

298
suzuki-eiici-interview_main
宮沢香奈

【インタビュー】ベルリンの“仕立屋”鈴木詠一の手から生まれる洋服たち

パッと見のデザインの良さから手に取った瞬間目に入るのは分かりやすく印字されたプライスタグ。3桁で表示されていることの方が珍しい同じ顔の洋服たちは1本のラックにギュウギュウに詰め込まれる。どこの街でも見慣れたファッション風 […]

98
Nils Frahm
MUSIC

ポスト・クラシカルを代表する音楽家ニルス・フラーム。最新作『All Melody』へと至る歩み

エレクトロニック・ミュージックとクラシック音楽~現代音楽の間を自在に行き来する、いまやポスト・クラシカルの代表的な音楽家となったニルス・フラーム(Nils Frahm)の待望の新作『All Melody』が2018年1月26日(金)にリリースされる。『Spaces』(2013)以来、約4年ぶりのスタジオ・フルアルバムの魅力を味わうために、今一度ニルス・フラームのキャリアを振り返る。

265
2017interviwmatome_main
INTERVIEW

2017年インタビュー記事、再読!環ROY、シシド・カフカにザ・ビートルズ座談会も!

2017年、Qeticで国内外の様々な人物に焦点を当てインタビューを実施してきました。ゆったりとした時間が流れる年末年始に今年のインタビュー記事をじっくりと読み返してみてはいかがでしょうか?NENE(ゆるふわギャング)、BAD HOPらヒップホップシーンから、2018年に来日が決定しているマック・デマルコ、橋本薫(Helsinki Lambda Club)、森山公稀(odol)、Rei、大井一彌(DATS、yahyel)によるビートルズ座談会ものんびりと振り返っていきます。

15
GENERATIONS from EXILE TRIBE
MUSIC

GENERATIONS from EXILE TRIBEと世界音楽シーンの接点。5年間の軌跡と音楽的魅力!

EXILEファミリーの一員として2012年にデビューしたGENERATIONS from EXILE TRIBE。彼らの5年間の軌跡を辿る初のベストアルバム『BEST GENERATION』が2018年1月1日(月)に発売される。ベストアルバムに収録されたシングル曲を中心に、海外の音楽との接点を考察しつつ、彼らの歴史と音楽的な魅力について見ていく。

1116
NENE
INTERVIEW

【インタビュー】ゆるふわギャング SOPHIEEからNENEへ。「東京の中のオアシス」を描いたデビュー・アルバム

ソロ・デビュー・アルバム『NENE』をリリースした、ゆるふわギャングのフィメール・ラッパーNENEにインタビュー。NENEへの名義変更、アルバムのイメージとなった「東京の中のオアシス」について、SALUや5lackら豪華客演陣など幅広い話題について語ってもらった。

32
CORONA WINTER SAUNA
LIFE&FASHION

【潜入ダヨ!】コロナ・エキストラによる極上フィンランド式サウナに行ってきたヨ!

コロナ・エキストラによる大人の冬の遊び方を提案する「CORONA WINTER ESCAPE」の第1弾“冬の都会でアウトドアサウナを体験する”イベント<CORONA WINTER SAUNA>が12月9日と10日に下北沢ケージで開催されました。Qetic編集部はこの気になるイベント<CORONA WINTER SAUNA>に潜入。サウナで体を正しく「ととのえ」てきちゃいました!

38
MACO
INTERVIEW

【インタビュー】恋愛系シンガーソングライターMACOがラブソングにこだわる理由。『メトロノーム』の日々に寄り添う世界観

“kiss”や“LOVE”を筆頭に、自ら手掛けるこだわり抜いた歌詞のラブソングで人気を集めてきたMACO。3作目となる最新アルバム『メトロノーム』を完成させた彼女に、制作期間ギリギリまで何度も書き直したという歌詞への思いや、彼女がラブソングにこだわり続ける理由を聞いた。

63
ザ・ローリング・ストーンズ
INTERVIEW

【インタビュー】TENDOUJI×sui sui duck×RAMMELLSメンバーが語るザ・ローリング・ストーンズ

ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)による、未発表曲も含むラジオ用ライブ音源をまとめたアルバム『On Air』が、12月1日にリリースされた。ストーンズ・ファンの「若手代表」として、RAMMELLSの真田徹(ギター)、TENDOUJIのモリタナオヒコ(ヴォーカル&ギター)、sui sui duckの渋谷勇太(ヴォーカル&ギター)に出来立てホヤホヤの『On Air』を試聴してもらい

105
INTERVIEW

【インタビュー】リリックラウンジVol.01、Seihoの描く歌詞の世界。物語の主題歌としてストーリーを紡ぐ?

歌詞文化を盛り上げていくシリーズとして始動した『リリックラウンジ』。第1回目のゲストは、ビートメイカー兼DJ兼プロデューサーのSeiho。Avec AvecことTakuma HosokawaとのポップデュオSugar’s Campaignでの歌詞プロデュースワークを伺った。取材協力はリリックスピーカー。

37
THE THROTTLE
MUSIC

【レポート】ザ・スロットルが新作『A』の収録曲MVをゲリラ撮影!

重ねた路上ライブは結成から2016年で卒業するまで2,700ステージ以上。今年の10月に渋谷WWWで行われたワンマンライブ<THE THROTTLE presents 『Horror』>は大盛況だった “ザ・スロットル”が12月6日(水)にセカンド・アルバム『A』がリリースする。そして『A』の収録曲“Rock This Town”のMV撮影渋谷で行われた。

49
堀込高樹(KIRINJI)いつか(Charisma.com)
INTERVIEW

【特別対談】堀込高樹(KIRINJI)×いつか(Charisma.com)。相思相愛コラボの全貌

2013年春に堀込泰行が脱退して以降、堀込高樹を中心に楠均、千ヶ崎学、田村玄一、弓木英梨乃、コトリンゴという5人の新メンバーを加えた6人体制のグループとして新たな可能性を追究してきたKIRINJI。彼らがCharisma.comを迎えた最新配信シングル“AIの逃避行 feat. Charisma.com”を完成させた。コトリンゴ脱退前、最後の曲となる“AIの逃避行 feat. Charisma.com”の全貌を堀込高樹といつかの特別対談で解き明かした。

180
ザ・チーフタンズ
MUSIC

【ライブレポ】アイルランドが誇る国宝級バンド、ザ・チーフタンズ(The Chieftains)が魅せた特別な一夜

11月30日(木)、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて行われた、アイルランドが誇る国宝級バンド、ザ・チーフタンズ来日公演。1991年の初来日から数えて11回目となる今回の日本ツアー。日本を代表する和太鼓奏者・林英哲や沖縄音楽を代表する歌い手・古謝美佐子ら豪華出演陣も登場した貴重な来日公演をレポート。

68
INTERVIEW

【インタビュー】福岡発5人組バンドAttractions。アジア、山本幹宗プロデュース楽曲、メジャーへの想いとは

福岡発5人組バンド・Attractionsへのインタビュー。山本幹宗(ex The Cigavettes、くるり、銀杏BOYZ、BOOM BOOM SATELLITESのサポートギターなど)が参加したデビュー楽曲“Knock Away”は、Apple Music今週のNEW ARTISTにピックアップされ、Spotifyでも主要プレイリストに網羅され、バイラルチャート8位を獲得。2018年はサウスバイサウスウエストへの出演も決定している。

70
RAMMELLS
INTERVIEW

【インタビュー】RAMMELLSが鳴らすオルタナとフューチャーソウルの融合。『Authentic』で表現した陰と陽の心地よさ

RAMMELLS(ラメルズ)がメジャー1stアルバム『Authentic』を2017年12月6日(水)にリリースする。ジャズ、ファンク、ソウル、ブルース、シューゲイザーなど多様な音楽を内包するRAMMELLSの音楽性に迫るインタビュー。

58
和楽器バンド
INTERVIEW

【インタビュー】現行ジャパニーズカルチャーの縮図。和楽器バンドの折衷度と進化具合、発信力を探る

和楽器バンドのベストアルバム『軌跡 BEST COLLECTION+』が2017年11月29日に発売。これまでMVで発表してきた全14曲に加え、これまでを踏まえつつ、これからのポテンシャルを多分に感じさせる新曲3曲を含んだ全17曲が収録されている。和楽器バンドのこれまでとこれからの展望を訊いた。

239
INTERVIEW

【インタビュー】平成30年 ミクスチャー・ミュージックの夜は明けるか?<FUTURE MIXTURE FESTIVAL>主宰・森心言(Alaska Jam/DALLJUB STEP CLUB)

渋谷のTSUTAYA O-nestで開催される<FUTURE MIXTURE FESTIVAL>主宰の森心言(Alaska Jam/DALLJUB STEP CLUB)へインタビュー。ミクスチャー・ミュージック、ヒップホップ/ラップについてや、イベントに出演するAlaska Jam、DALLJUB STEP CLUB、音の旅crew、SABANNAMAN、memento森、No Gimmick Classics、パブリック娘。、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB、MC MIRI、KMC、SPARK!!SOUND!!SHOW!!について語る。

103
Young Juvenile Youth
INTERVIEW

【インタビュー】Young Juvenile Youth がアルバム『mirror』で表現する鏡面的な音楽世界

Young Juvenile Youth(YJY)が2015年のミニアルバム『Animation』から2年半を経て、エイフェックス・ツインのビジュアルコラボレーターWEIRDCOREがMV制作したことで話題の“Slapback”も収録のファーストアルバム『mirror』を完成させた。ファッションやアート、映像との積極的なコラボレーションを行うヴォーカルのゆう姫、その先鋭的な作風が世界的に注目されている電子音楽家のJEMAPURからなるYoung Juvenile Youthの2人に話を訊いた。

251
Chaki Zulu×Spikey John
INTERVIEW

【特別対談】Chaki Zulu×Spikey John 異なる世代の異なるクリエイティビティ

2017年HIPHOP(ヒップホップ)シーンの作品の裏方として注目を集めた、Chaki Zulu from YENTOWNと弱冠21歳の映像監督・Spikey Johnの特別対談。YDIZZYやAwich、KANDYTOWNらとの関わりや、話題の“Cho Wavy De Gomenne”、今後の展望などについて語っている。

561
INTERVIEW

【インタビュー】ゲスの極み乙女。でも欠かせない存在、えつこのソロプロジェクト「katyusha」。時代を貫く傑作『I Like Me』の全容に迫る

ゲスの極み乙女。でのスキルフルなコーラスワークや、indigo la Endの音色のレイヤーを豊かなものにする鍵盤など、プロフェッショナルなミュージシャンという側面。そしてフロントを張るDADARAYでの佇まい。えつこが約10年渡ってソロプロジェクトkatyushaとして初のフルアルバム、『I Like Me』を遂にリリース。その全容に迫った。

234
INTERVIEW

【インタビュー】桑原あい×石若駿 『サタデーステーション』『サンデーステーション』オープニング・テーマ曲『ディア・ファミリー』から生まれた快作

テレビ朝日系報道番組『サタデーステーション』『サンデーステーション』のオープニング・テーマ曲“ディア・ファミリー”(Dear Family)から生まれたアルバム『ディア・ファミリー』。日本のジャズ・シーンで若手No.1の呼び声も高いピアニスト、桑原あい(Ai Kuwabara)。そして、ジャンルを越えて様々なアーティストと共演するドラマー、石若駿(Shun Ishiwaka)による制作の舞台を桑原あいに訊いた。

25
Chip Tanaka
INTERVIEW

【インタビュー】『MOTHER』シリーズなど名作ゲーム音楽を手がけたレジェンド、Chip Tanaka名義初のフルアルバムの全貌!

1980年に任天堂に入社、サウンドエンジニアとして『MOTHER』シリーズや『メトロイド』『スーパーマリオランド』といった人気ゲームの音楽を担当、退社と前後する形でTVアニメ『ポケットモンスター』の楽曲を多数手がけてきた音楽家、たなかひろかず氏。彼が2007年代よりライブの現場で使用してきたチップチューンを奏でる別名義Chip Tanakaとして、単独名義初のフルアルバム『Django』を完成。チップチューンの創成期からその発展に貢献してきたこれまでの偉大な足取りと、最新アルバム『Django』に込めた思いを聞いた。

366
Future Islands Mac DeMarco
MUSIC

フューチャー・アイランズ、マック・デマルコ来日特集!絶対に逃せない2組の魅力とは?

12月19日(火)に待望の初来日公演を行うフューチャー・アイランズ(Future Islands)と、1月22日(月)・23日(火)に東京・大阪をツアーするマック・デマルコ(Mac DeMarco)。音楽性こそ全く違うものの、ライブでこそ真価を発揮するタイプのアーティスト2組。何者にも代えがたい魅力とは?

79
フォルテ・ディ・クアトロ
MUSIC

防弾少年団、TWICE、HYUKOHら百花繚乱の韓国音楽シーン。その新たなムーヴメント「K-CLASSIC」の大本命、フォルテ・ディ・クアトロとは

『冬のソナタ』から始まった「韓流」ブーム。BIGBANG、東方神起、少女時代、KARAらK-POPの日本での流行を経て、韓国の音楽シーンの最新トレンド「K-CLASSIC」ヴォーカル・グループ、フォルテ・ディ・クアトロ(Forte Di Quattro)が日本上陸。

47
Kiasmos
INTERVIEW

【インタビュー】ボノボらのリミックスも注目されるキアスモス。アイスランドが誇る2人が紡ぎ出す世界

ポストクラシカルの雄として高い評価を受ける一方、ハリウッド映画『アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち』(2011)や『Gimme Shelter』(2013年)の映画音楽やTVドラマへの楽曲提供などでも話題を呼ぶアイスランドのプロデューサー、オーラヴル・アルナルズと、同郷のエレクトロニック・バンドBloodgroupのメンバーとして知られるヤヌス・ラスムセンによるエレクトロ・ユニット、キアスモス(Kiasmos)。最新EP『Blurred』制作風景について2人にメールで話を聞いた。

67
ODEO
INTERVIEW

【インタビュー】謎の音楽グループODEO。北欧シーンを感じる音楽性、関根光才監督MV、匿名性の裏側に迫る

JuliaとYumaが率いる音楽グループ「ODEO」がデビュー・シングル“White Crow”の配信をスタート。匿名性の強いヴィジュアル・イメージ、北欧シーンなどを連想させる高い音楽性の楽曲で注目を集めつつある。二人にインタビューを行い、アイスランドに赴き、ムームのグンナル・オルン・ティーネスをエンジニアに迎えたレコーディングや楽曲、Young Juvenile Youth“Animation”、The fin.“Night Time”を手がけた関根光才が監督を務めるMVについて語った。

34
BIGYUKI
INTERVIEW

【インタビュー】オノ・ヨーコを超える快挙も。BIGYUKI ロバート・グラスパー、Qティップから賞賛される男の見る世界

ロバート・グラスパーやベン・ウィリアムスといったジャズ界、Qティップ、ビラル等のヒップホップ/R&B界隈でも賞賛されるBIGYUKIにインタビュー。『リーチング・フォー・ケイローン』をリリースするBIGYUKIが日本に一時帰国したときにインタビューを敢行した。

124
宮本彩希
ART&CULTURE

<池袋ハロウィンコスプレフェス 2017>Canon EOS 5D Mark IVで「宮本彩希」をガチ撮影!

10月28日(土)、29日(日)に池袋サンシャインシティ周辺で開催された<池袋ハロウィンコスプレフェスティバル2017(以下、池ハロ2017)>。人気コスプレイヤーの宮本彩希さんをキヤノン(Canon)の一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」で撮影。

45
delofamilia
INTERVIEW

【インタビュー】delofamilia最新作を通し見えてくるORANGE RANGE・NAOTOの音楽的本質

今年活動開始から10年を迎えた、NAOTO(ORANGE RANGEリーダー/ギター)とシンガーソングライターRie fuを中心としたバンド、delofamilia(デロファミリア)。彼らのニューアルバム『filament/fuse』(フィラメント/ヒューズ)が2017年11月1日(水)にリリースされる。NAOTOが今作を通し、delofamiliaの過去、現在、そして今後を語る。

243
スカート
MUSIC

【インタビュー】スカート(澤部渡)、極上のロック・ポップス作品にしてメジャーデビュー作『20/20』を語る!

ミュージシャン・澤部渡によるソロプロジェクト、スカート。類稀なソングライティング能力とボーカリゼーションでもはやインディー音楽シーンの顔というべき存在となったスカートが、活動スタートから約7年という歳月を経て、2017年10月にまさしく満を持してメジャーデビュー果たす。そのメジャー 1st アルバム『20/20』はメジャーというフィールドに身を置きつつも良い意味で背伸びせず、これまでのスカート サウンドを裏切らない極上のロック・ポップス作品となっている。そんな彼にインタビューを実施。去年リリースしたサード・アルバム『CALL』からの流れや、今回のメジャー・デビューについてなど、傑作アルバム『20/20』の話を中心に話を聞いた。

29
ウィ・バンジョー・スリー
INTERVIEW

【インタビュー】ウィ・バンジョー・スリー、現代音楽シーンにおいて再評価されるアイルランド音楽の牽引者

目下の最新作である3rdアルバム『ストリング・セオリー』がUSビルボード・チャートのワールド部門で一位に輝くなど高い評価を受け、今週末開催の<Peter Barakan’s LIVE MAGIC!>2日目のトリも飾るウィ・バンジョー・スリー(We Banjo 3)のエンダ・スカヒル、マーティンとデイヴィッドのハウリー兄弟の3人にインタビューした。

52
INTERVIEW

【インタビュー】ドミコ・さかしたひかると新進気鋭のイラストレーター・Kellyの互いをリスペクトし合う関係

さかしたひかる(Vo/Gt)と長谷川啓太(Dr)によって2011年に結成され、独自性、独創性で他とは一線を画す存在として活動を続けているドミコ。今回、QeticではそのKelly Bastowと、ボーカル・さかしたひかるとのメール形式での対談を実施。お互いに訊きたいことを10個の質問として作成してもらい、それぞれの想いを交換してもらった。

33
MUSIC

【インタビュー】ストーンズと共演、キューブリック映画にも参加!生ける伝説、ザ・チーフタンズの偉大な歴史を辿る

2017年に結成55周年を迎える、アイルランド伝統音楽・ケルト音楽の最高峰バンド、ザ・チーフタンズ(The Chieftains)の矢野顕子、ハンバート ハンバートらをゲストに迎えての来日公演が開催。ザ・ローリング・ストーンズと同世代で共演歴もあるリーダー、パディ・モローニにインタビュー。長いバンドの歴史、来日公演への意気込みを訊いた

35
INTERVIEW

【対談】上原ひろみ×エドマール・カスタネーダ 2人のエネルギーが凝縮されたライヴ・アルバム『ライヴ・イン・モントリオール』

上原ひろみとエドマール・カスタネーダによるライヴ・アルバム『ライヴ・イン・モントリオール』がリリースされた。トリオ・プロジェクト、矢野顕子との5年ぶりのプロジェクトを経て上原ひろみとジャズ・ハープ奏者のエドマール・カスタネーダのあらゆる感性、感情、肉体的なパワーを結集したアルバム、結成のきっかけなどを聴いた。

48
12345678910・・・
plan03_qetichub02_20180706

RANKING

DAILY

WEEKLY

MONTHLY