KEYWORD : PICKUP

SOUND MUSEUM VISION
MUSIC

【クラブ初心者必見】SOUND MUSEUM VISION徹底解剖|カルチャーの発信地・渋谷にあるクラブの魅力とは?

クラブ・カルチャーの発信地、渋谷区道玄坂に位置するSOUND MUSEUM VISION。今回は、そんなVISIONがどんなイベントを開催し、他のクラブとの違いをVISIONの佐渡文吾さんへのインタビューやVISIONにゆかりのあるアーティストの方のコメント、佐渡さんによる各フロア・お酒の紹介をもとに徹底解剖。きっと行きたくなること間違いなし!

14
北田正太郎
INTERVIEW

北田正太郎 インタビュー|遊び心溢れ、少しブラック、どこか達観している作家によるコラージュを再解釈とは?

日々の生活で感じとったことを、軽妙で遊び心のあるイラストレーションで表現する作家、北田正太郎が個展<LINES AND COLORS ON PAPERS>を半蔵門ANAGRAにて、12月1日(土)から12月8日 […]

5
Nao Kawamura
INTERVIEW

インタビュー|SuchmosもWONKもソイルも絶賛!「日本のエリカ・バドゥ」と称される最注目シンガー、Nao Kawamuraとは?

彼女は日本のエリカ・バドゥ――Nao Kawamuraをそう呼んでいるのは、他ならぬSuchmosのKCEEだ。1992年生まれのシンガー・ソングライターである彼女は、SuchmosやWONK、SANABAGUN.などの […]

52
どうも東京の人にはなれなかったらしい|ルーズソックス
どうも東京の人にはなれなかったらしい

どうも東京の人にはなれなかったらしい|ルーズソックス

離島出身、写真家中山桜が体を張って、精神を削って東京社会に挑むも全く上手くいかない日常を、フィルム写真と共に語るコラム『どうも東京の人にはなれなかったらしい』。第13弾は「ルーズソックス」。モデルにはなつかが再び登場

29
あさぎーにょ
INTERVIEW

『Feat.ソニーミュージックオーディション』グランプリ・あさぎーにょに訊いた、新世代クリエイターとしての「ワクワク」との向き合い方。「へんてこポップが愛される活動を」

先日行われたソニーミュージック主催の新型オーディション『Feat.ソニーミュージックオーディション』にてグランプリを獲得したのは、「へんてこポップ」を標榜し、YouTubeやSNSを中心に動画配信的な活動を行ってきた「あさぎーにょ」。当日ステージを寝室に変える、絵本にQRコードをつけるなど斬新なアプローチを提示した彼女に、新しい音楽スタイルやクリエイターとしての姿勢についてのインタビューを遂行しました。

9
MUSIC

“既存の概念からの越境”を具現化。<BACALDI“Over The Border”2018>が魅せた、新しい音楽とアートの楽しみ方

先鋭的な音楽とアートが交差/越境する、バカルディ主催の完全招待制フリーパーティー<BACARDI “Over The Border”>が、11月5日、話題のニュースポット 渋谷ストリーム ホールにて開催された。ロンドンからLittle Simz、東アフリカからKampire、東京からYukibeb、DJ KOCO a.k.a. Ssimokitaらが招聘され、“既存の概念からの越境”を具現化しようとする一夜限りの音楽体験をレポート。

20
ササノマリイ
INTERVIEW

ササノマリイ、Joe Cruzとのコラボで生まれた「MUIMI」に込められた意味とは?絵画的な音楽の魅力を紐解くインタビュー

adidasやSTUSSY、G-SHOCK等とのコラボーレーションを成してきたUKで活動中のアーティストJoe Cruzとササノマリイとのコラボ楽曲でもある“MUIMI”。ササノマリイの制作プロセスやコラボについて“MUIMI”をアートワーク方面から紐解く。

27
Midas Hutch
INTERVIEW

インタビュー |オランダ発DJ・プロデューサーMidas Hutchが語る、ディスコ・サウンドへの想い

世界有数のクラブ・ミュージック大国オランダが誇る名DJ・プロデューサーが、ついに日本デビュー! メジャー・レイザー(MAJOR LAZER)のヒット曲“Watch Out For This”に参加したことでも知られるDJ […]

18
小泉かな
Qetichub

Qetichub Vol.06 – 小泉かな

Qeticのグラビア企画第6回に登場するのは今年12月にDVD「かなり、ヤバい!」を発売する小泉かな。都内某所でゲリラ撮影された本作では、グラフィティー・アートの前にストリートファッションを纏ったダイナマイトボディー、雨の中でダイナマイトボディーを大胆に。カメラマンは、多くの著名アーティストを撮影し、先日Peggy Gouにも取り上げられた横山マサト。

25
高岩 遼
INTERVIEW

初のソロ・アルバム『10』をリリースした高岩 遼。表現における血肉”だと語る5曲

ジャズとヒップホップを融合させSANABAGUN.、唯一無二のロックンロールを追求するTHE THROTTLEのフロントマンとして活躍する高岩 遼が、初のソロ・アルバム『10』をリリース。それに伴い、今回は高岩 遼のルーツとなったStevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー)やQueen(クイーン)など5曲を挙げてもらい、その魅力を紐解いていった。

3
INTERVIEW

シンガーソングライター・Reiが最新作『REI』のアートワークに込めた意味とは?

2018年11月7日(水)に1stアルバム『REI』をリリースしたシンガーソングライターのRei。これまで以上のバラエティさとフレキシブルさ、意外性と驚愕性が曲毎に飛び出してくる今作は、ミステリアスに感じさせる1枚となった。彼女の感性に迫るべくインタビューを行い、最新作に込めた思いやこだわっているというアートワークについて、今後のビジョンを訊いた。

80
INTERVIEW

『ハリポタ』と『ファンタビ』のデザインを手がけるMinaLimaが表現する魔法ワールドの世界観

最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の公開を記念して、ハリー・ポッターシリーズとファンタスティック・ビーストシリーズの「魔法シリーズ」両作品でグラフィックデザインを手掛けるデザインユニット『MinaLima』のミラフォラ・ミナさんとエドゥアルド・リマさんが来日。グラフィックス製作秘話や初来日で感じた日本のファンとの交流、魔法ワールドの魅力についてたっぷり語ってくれました。

9
MUSIC

amazarashiが織りなす世界観。『新言語秩序』を通して伝える新たなコミュニケーションのあり方

2018年11月16日(金)に<朗読演奏実験空間『新言語秩序』>の開催と新曲『リビングデッド』をリリースするamazarashi。今回は、ライブがより楽しめるように本プロジェクトの概要を説明すると共に密接に関わっているニューシングル『リビングデッド』の楽曲を紹介。

198
INTERVIEW

YOSA&TAAR密着企画|SIRUPとのコラボ曲「Fever ft. SIRUP」レコーディング現場に潜入

2018年8月には第一弾シングル『Slave of Love ft. 向井太一 & MINMI』をリリースしたYOSA&TAAR。YOSA&TAAR追いかけ企画第二弾ではSIRUPをフィーチャリングに迎えてのリリースが決定した彼らにインタビューを行いました。楽曲を作るようになったきっかけやSIRUPとのコラボの経緯、今回のコラボで楽しみにしていることなどをお聞きしました。

39
INTERVIEW

トラックメイカーillmore×DJ KRO(Chilly Source)対談 | 1stアルバム『ivy』誕生秘話と“Chill”の定義

illmoreと〈Chilly Source〉の代表であるDJ KROのふたりに『ivy』誕生秘話、そして〈Chilly Source〉が目指すものについてインタビュー。

53
MUSIC

トラックメイカー・illmoreがニューアルバム『ivy』をリリース!彼が所属するライフスタイルレーベル〈Chilly Source〉とは?

「Chillで気持ち良い音楽」をテーマに2016年に発足したライフスタイルレーベル〈Chilly Source(チリ ソース)〉。「“Chill(チル)”の“Source(源)”」、まさにChillを体現したようなレーベル名の〈Chilly Source〉。ラジオ配信やトラックのリリース、空間プロデュースなど行っている本レーベルについて紐解いた。

21
高岩遼のよろしくHOLIDAY

第五回目 THE GODFATHER Ⅱ

貴方はマリオ・ルチアーノさんですね。私は高岩遼。My name is Ryo Takaiwa. ナイストゥーミーチュー。固い握手を交わす。この強い握力と皮膚の分厚さは、壮絶な人生を歩んできた男の証であろうな。袖からチラリとギンギラギンの腕時計が覗く。高岩遼のよろしくホリデイ。デイ・ツー!は東京は日本橋、茅場町にあるイタリアンレストラン『ウ・パドリーノ』にてディナーを楽しんでるぜ。

23
INTERVIEW

世界で最も注目されているラッパー・Juice WRLDがインタビューで見せた、シーンに捉われない俯瞰的視点。初来日となる東京の印象も語る

10月21日に渋谷HARLEMにて行われたイベント<HIP HOP DNA: THE LIVE VOL.1>に出演し、待望の初来日を遂げたJuice WRLD。今回Qeticは、多忙な来日スケジュールの中 Juice WRLDとの接触に成功! 自身のスタイルや将来の展望についてなど、今世界で最も注目されているラッパーの頭の中を少し覗いてみた。

16
音楽、パーティー、時々サウナ

この曲、何ですか?

表参道VENTでハウスミュージックパーティー「KEWL(クール)」を主催するEITAが新コラム「音楽、パーティー、時々サウナ」をスタート。Shazamの登場はどこか寂しい?|10年ほど前まで、クラブではもちろんレストランや洋服屋で、僕はことあるごとにこの質問をしていた……

73
ART&CULTURE

映画『ヴェノム』の前に観ておきたいアメコミ映画とは?

2018年11月2日(金)に公開されるマーベル・コミックのキャラクター・ヴェノムを主人公にした映画『ヴェノム』。本作は新たな物語として再構築されたものであり、他のマーベル映画や『スパイダーマン』を観ていなくとも楽しめる作品になっています。今回、観ておくとより『ヴェノム』を楽しむことができる作品を紹介します!

18
INTERVIEW

インタビュー | 上野公園開催のフェス<SHAKE HANDS>運営メンバーが語る、カオスな最新フェス・コミュニティの形

2018年11月3日(土)、上野恩賜公園野外ステージで開催される<SHAKE HANDS(シェイクハンズ)>。“SHAKE HANDS=握手”と名付けられた本イベントは、環ROYをはじめ大比良瑞希、Nao Kawamur […]

24
INTERVIEW

Homecomingsが語る最新作『WHALE LIVING』に込めた思いと制作時期に影響を受けた楽曲5選

3rdアルバム『WHALE LIVING』をリリースした京都在住の4ピース・バンドHomecomings。本作には京都アニメーション制作映画『リズと青い鳥』の主題歌“Songbirds”などが収録されている。今回はメインソングライターの福富優樹(Gt)と、バンドの瑞々しい世界観の軸を表現する畳野彩加(Vo/Gt)に制作時期に影響を受けた楽曲について聞いた。

33
INTERVIEW

鈴木えみ×落合陽一 対談インタビュー | Lautashiが“AT TOKYO”で提示した世界観とファッション表現の新しい可能性

2018年10月15日〜20日にかけて開催された今年のAmazon Fashion Week TOKYO。その会期中に催されたAmazon Fashionの独自プログラム“AT TOKYO”に、モデル・鈴木えみ氏が手掛けるブランド・Lautashiが参加。ブランドにとっては初のプレゼンテーションである今回、東京の「今」を象徴する各ブランドのクリエイションを発表する場“AT TOKYO”でLautashiはどんな世界を表現したのか。プログラム開催直前に敢行された鈴木えみ氏とメディアアーティスト・落合陽一氏による特別対談から、その実態を紐解いていく。

44
MUSIC

ベテラン音楽系ライターがソニーの新人オーディションへ潜入!新時代のアーティストが決まる瞬間をレポート

バイラルを狙う新時代に新たな音楽トレンドを作れるアーティストを募集する前代未聞の全く新しいオーディション<Feat.ソニーミュージックオーディション>をレポート。あさぎーにょ、葉山柚子、夜中出社集団、SUKISHA、ドアノブロックらからグランプリに選ればれたアーティストは?

22

RANKING

FEATURE

COLUMN

INTERVIEW