野宮真貴×大谷秀政
INTERVIEW

元祖 “渋谷系”野宮真貴×LD&K大谷秀政、渋谷という街の変遷と宇田川カフェのこれから

元ピチカート・ファイヴの野宮真貴と、LD&K代表取締役の大谷秀政による対談。野宮真貴は小西康陽、フリッパーズ・ギター、大滝詠一、山下達郎、等の渋谷系とそのルーツの作家たちの夏の名曲をカバーしたアルバム『野宮真貴、ヴァカンスを歌う。』を5月3日(水)リリース。大谷秀政は音楽レーベルや、宇田川カフェ、Café BOHEMIA(ボヘミア)、蕎麦処グレゴリーなどの店舗、シブヤビールなどを手がけている。今回はHMVからはじまった渋谷系や、街の変遷についてかたっている。

191
Juana Molina
INTERVIEW

【インタビュー】元コメディエンヌ、フアナ・モリーナ。「本当の音楽的なキャリアは日本から」

アルゼンチン、ブエノスアイレス出身のシンガーソングライター、フアナ・モリーナ(Juana Molina)がニュー・アルバム『Halo(ヘイロー)』をリリース。来日公演も多くレイハラカミや高橋幸宏、原田郁子(クラムボン)、相対性理論と共演を果たしている彼女にインタビューを行い、楽曲についてやコメディエンヌからの転身や日本への思い入れについて伺った。

36
INTERVIEW

【インタビュー】ロックンロールは決して死なない。現状に安住しないサーストン・ムーアの独自世界

キム・ゴードン(キム・ゴードン)らと結成したソニック・ユース(Sonic Youth)で『デイドリーム・ネイション(Daydream Nation)』、『ダーティ(Dirty)』 などの名盤をリリースしてきたサーストン・ムーア(Thurston Moore)のソロ最新作『ロックンロール・コンシャスネス(Rock N Roll Consciousness)』。3月に来日したサーストンに『ザ・ベスト・デイ(The Best Day)』以来、2年半ぶり通算5枚目のソロ・アルバムについて訊いた。

206
ワイルド・スピード ICE BREAK
FILM

【プレゼント】サイバーテロで街中の車が暴走!あの人の裏切り映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』

世界を興奮と感動の渦に巻き込んだシリーズ前作『ワイルド・スピード SKY MISSION』が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、『ジュラシック・ワールド』を超えて2015年度インターナショナル興収1位という歴史的メガヒットを記録し、名実共に世界で最も愛されるシリーズへと成長した2017年4月28日(金)より“ワイスピ”最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』。「マテル社製1:55スケール ワイルド・スピード ダイジェストカー」 をプレゼント。

11
BLUE SKY HEAVEN
MUSIC

【チケプレ】Gotch、シシド・カフカら出演フェス<BLUE SKY HEAVEN>タイムテーブル発表!

「富士スピードウェイ」において開催されるミュージック&キャンプ・フェス<BLUE SKY HEAVEN>(ブルースカイヘブン)のタイムテーブルが発表。ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)のGotchのソロプロジェクト、Gotch & The Good New Times(ゴッチ & ザ・グッド・ニュー・タイムス)、シシド・カフカ、Azumi(アズミ)、Still Caravan(スティル・キャラバン)、大久保初夏、The ManRay(ザ・マンレイ)、Masaki(マサキ)、ZiNEZ(ジンジ)らが出演。

68
唾奇×Sweet William
INTERVIEW

【インタビュー】ジャジーでグルーヴィーなサウンド+生々しいラップ!唾奇×Sweet William『Jasmine』を語る

Wネームでアルバム『Jasmine』をリリースした、沖縄出身のラッパー・唾奇と、トラック・メイカー/プロデューサー・Sweet Williamにインタビュー。“Same As”(唾奇,IO&YOUNG JUJU)と“一陽来復 feat. CHOUJI,唾奇”(CHICO CARLITO)が分岐点になったことなどについて語っている。

68
WOOYOUNG(From 2PM)
INTERVIEW

【インタビュー】「そこに安住はしたくない」WOOYOUNG(From 2PM)が最新作で示した“バランス感覚”

K-POPグループの中でもトップ・クラスの人気を誇りながら、現在はグループとしての日本での活動を一旦休止することを発表している2PM。そのメンバーのひとりWOOYOUNGが、日本でのソロ2作目となるミニアルバム『Party Shots』をリリース。ソロツアー<WOOYOUNG(From 2PM)Solo Tour 2017>で日本を熱狂させているWOOYOUNGに最新作『Party Shots』について、エンターテインメント観についてインタビュー。

588
ロバート・ラス
INTERVIEW

ポスト・クラシカルのパイオニア〈Erased Tapes〉創始者ロバート・ラスが語る、「静寂と平穏」の音世界

ニルス・フラーム(Nils Frahm)、オーラヴル・アルナルズ(Ólafur Arnalds)、ペンギン・カフェ(Penguin Café)らが所属する英ロンドンのインディペンデント・レーベル〈イレイズド・テープス(Erased Tapes)〉の創始者ロバート・ラス(Robert Raths)インタビュー。ペンギン・カフェ と小山田圭吾のソロプロジェクト、コーネリアス(Cornelius)によるEP『Umbrella』がレコードストアデイに1000枚限定でリリースされることでも話題。

510
ReLIFE
FILM

【インタビュー】 New Movieのあの人 中川大志&平祐奈、映画『ReLIFE リライフ』

社会で挫折を経験した27歳のニート海崎新太(中川大志)が、1年間高校生活にタイムスリップ! 自分のような後悔をしてほしくないとやさしい言葉をかける海崎の姿と、二度とない今や青春時代を生きようとする高校生を描いた青春ファンタジー『ReLIFE リライフ』で、3度目の映画共演になる俳優の中川大志さんと女優の平祐奈さん。お互い高校生活最後としても撮影を楽しんだ様子!27歳という実年齢の10歳年上を演じた中川さんと、無口な高校生というまったく逆の性格を演じた平さんに、挑戦した役作りのことや映画の胸キュンポイント、お互いの印象について聞きました!

7
NaturaRhythm
MUSIC

レディオヘッド、アーケイド・ファイアらとも共振?ポストクラシカルが源流、癒しの音楽「ナチュラリズム」の音響美

近年、ナチュラリズム(=NaturaRhythm)という言葉が注目を集めている。レディオヘッド(Radiohead)やアーケイド・ファイア(Arcade Fire)らの「ポストクラシカル」の中でも癒しの要素が強い音楽。ルドヴィコ・エイナウディ(Ludovico Einaudi)、マックス・リヒター(Max Richter)、ヨハン・ヨハンソン(Jóhann Jóhannsson)、オーラヴル・アルナルズ(Ólafur Arnalds)、ユップ・べヴィン(Joep Beving)など。

159
ユセフ・カマール
MUSIC

【チケプレ】ジャイルス・ピーターソンも魅了!ユセフ・カマール初来日公演を目撃せよ!

ジャイルス・ピーターソンを魅了したジャズ×クラブ・ミュージックの最先端ユニット、ユセフ・カマール(Yussef Kamaal)の初来日公演にご招待。2016年末に〈Brownswood/Beat Records〉からリリースされたデビュー作『Black Focus』。ローズ・ピアノの音色に象徴される70年代ジャズ・ファンクからの影響を、現代的でブラック・フィール溢れるリズム&ビートで昇華したボーダーレスな音楽性で、早耳なリスナーを中心に話題を拡げている。ロバート・グラスパーやカマシ・ワシントンなどの躍動で迎えたジャズ新時代の期待のユニット。そのフレッシュな魅力と真価を、ライブの現場で体感して欲しい。

25
SYNCHRONICITY
MUSIC

<SYNCHRONICITY’17>直前!yahyel、Awesome City Club、ZAZEN BOYS、BO NINGENら一挙紹介

Awesome City Club、BO NINGEN、CHAI、chelmico、cro-magnon、DOTAMA、DYGL、fox capture plan、Group2、Homecomings、iri、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB、Jojo Mayer & NERVE 、Magic, Drums & Love、MANNISH BOYS(斉藤和義 / 中村達也)、Nabowa、New Action!、Nulbarich、OGRE YOU ASSHOLE、Orland、PAELLAS、Polaris、Rega、RIDDIMATES、STUTS、toconoma、Wanna-Gonna、WONK、yahyel、Yogee New Waves、ZAZEN BOYS、ササノマリイ、シャムキャッツ、フレンズ、モーモールルギャバン、天才バンド、浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS、渋さ知らズオーケストラらが出演。東京・渋谷の複数会場で開催されるサーキット型フェス<SYNCHRONICITY’17>直前出演アーティスト一挙予習。

41
UNCHAIN
MUSIC

【レポート】「俺のベース」が躍動!UNCHAINスペシャルライブで魅せた圧倒的な歌唱力と演奏力

確かで圧倒的な歌唱力と演奏力で“make it glow”、“Kiss Kiss Kiss”などオリジナル曲だけでなく、椎名林檎の“丸の内サディスティック”などもカバーする実力派バンドUNCHAIN。今回はベーシスト・谷浩彰が代官山音楽院に入学し、ベースを製作する企画『俺のベースを創らせろ!!』の完成披露会&卒業式、スペシャルライブをレポート。

25
無限の住人
FILM

【チケプレ】木村拓哉、福士蒼汰、三池監督も登壇予定!映画『無限の住人』ジャパンプレミアにご招待!

キムタクこと木村拓哉 主演。三池崇史監督。さらに、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、北村一輝、栗山千明、満島真之介、市川海老蔵、田中 泯、山﨑努ら超豪華キャストが集い贈る、かつてない規格外のぶった斬りアクションエンターテインメント映画『無限の住人』。今回、4月29日(土)の公開に先駆けて行われる<映画『無限の住人』ジャパンプレミア>にQeticから5組10名様をご招待! 奮ってご応募ください。

320
Rei
MUSIC

【ライブレポ】Rei、ジャンルを超えたセッション。土岐麻子と生み出した魅力的なケミストリー

キュートなルックスとは裏腹にブルーズへの愛情に基づいた音楽性と確かな技術で話題を呼び、2016年にミニアルバム3部作の完結編となる『ORB』をリリースしたRei(レイ)。2017年に入ってもチャラン・ポ・ランタンの“ほぼ”フルアルバム『トリトメナシ』やペトロールズのカバーアルバム『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?』に参加するなどますます活動の幅を広げている兵庫県出身のシンガーソングライター/ギタリスト。今回は、先日渋谷duoで開催された土岐麻子を迎えての自主企画ライブ<Reiny Friday -Rei & Friends- vol.6>をレポート。

416
MUSIC

【チケプレ】“ポストモダン・ブルース”を提唱!UK新星シンガーソングライター L.A.サラーミ、初来日公演にご招待

2012年にリアン・ラ・ハヴァスのオープニング・アクトに抜擢。その音楽性や洗練された佇まいはいち早く注目を集め、2014年にはジェイク・バグやジェイムス・ベイもフィーチャーされたUKの登竜門的ショーケース<バーバリー・アコースティック>に選出されたUK新星シンガーソングライター L.A.サラーミ、初来日公演に1組2名様をご招待!

13
ダニエル・ブラント
MUSIC

洗濯機の音から着想も!バトルスに通じる幾何学的ビート・パターン、ダニエル・ブラント。名門〈Erased Tapes〉よりソロデビュー

ニルス・フラーム(Nils Frahm)やオーラヴル・アルナルズ(Ólafur Arnalds)らが所属ロンドンの名門〈イレイズド・テープス(Erased Tapes)〉より、ブラント・ブラウアー・フリック(Brandt Brauer Frick)の創始者ダニエル・ブラント(Daniel Brandt)ソロデビュー作『エターナル・サムシング(Eternal Something)』がリリース。最新作はスティーヴ・ライヒ(Steve Reich)、バトルズ(Battles)などが融合したかのようなミニマル・クラシック・テクノ作品に仕上がっている。

54
monster & moonstar
INTERVIEW

【メインテーマ曲 先行公開】次世代演劇を製作サイドから紐解く!「自分の命くらいは懸けて、観てくれた人の世界くらいは変えてやろう」

俳優、脚本家、演出家、プロデューサーなど様々なジャンルで活動する、濱田真和により2014年に立ち上げられたSuperendroller(スーパーエンドローラー)。濱田のプロデュース過去2作品『sea , she , see』、『blue , blew , bloom』では、一貫して“残された者”が描かれてきた。今回、3月24日からの4日間、原宿VACANTにて上演される今作『monster & moonstar』もまた、兄の行方不明により一人残された人生を歩むことになる女子高生の多難な人生が描かれている。今回は、古舘佑太郎と渡辺敬之、濱田真和の3名に、製作側から観た『monster & moonstar』で描かれる世界の深層部、“参加”ではなく“コラボレーション”として強烈な個を掛け合わせて作品をつくることの意義について語ってもらった。

71
FILM

【チケプレ】天才美少年作家は偽物?U2 ボノ、コートニー・ラブらも夢中!『作家、本当のJ.T.リロイ』試写会にご招待

映画『作家、本当のJ.T.リロイ』が2017年4月8日(土)より、新宿シネマカリテ、アップリンク渋谷ほか全国順次公開される。 1996年に突如文壇に現れ、女装の男娼となった過去を綴った自伝『サラ、神に背いた少年』で時代 […]

18
monster & moonstar
INTERVIEW

【インタビュー】「愛は大怪物」新鋭のキャストが絶望と愛を描く。「愛とは何か?」全てそこから始まった舞台『monster & moonstar』

俳優、脚本家、演出家、プロデューサーなど様々なジャンルで活動する、濱田真和により2014年に立ち上げられたSuperendroller(スーパーエンドローラー)。濱田のプロデュース過去2作品『sea , she , see』、『blue , blew , bloom』では、一貫して“残された者”が描かれてきた。今回、3月24日からの4日間、原宿VACANTにて上演される今作『monster & moonstar』もまた、兄の行方不明により一人残された人生を歩むことになる女子高生の多難な人生が描かれている。 キャスト樋井明日香、椎名琴音、小川紗良、濱田真和が最新作を語る。

100
女子独身倶楽部
INTERVIEW

【インタビュー】アラサー女性2人組ユニット女子独身倶楽部。アラサー女子の生態から最新作『徳川家家訓』までを語る

アラサー女子の共感を集める吉高由里子ら出演のドラマ『東京タラレバ娘』が話題となるなど、アラサー女性の生態に注目が集まっている中、アラサー女性2人高橋エリと加藤樹里果からなるボーカルユニット・女子独身倶楽部にインタビュー。水曜日のカンパネラのように歴史上の人物や物事を曲名にすることの多い彼女ら。2016年はシングル『清水寺』をリリース。2017年2月にリリースされた最新作『徳川家家訓』のコンセプトから、2人の性格、関係性、結婚観などパーソナルな部分に至るまでを語ってくれた。レキシの池田貴史を池田松之助のことだと勘違いする一幕も。

50
サーカ・ウェーヴス
INTERVIEW

【インタビュー】サーカ・ウェーヴス 最新作『Different Creatures』疾走感に加わったダークなエッセンス

“Wake Up”収録の最新作『ディファレント・クリーチャーズ(Different Creatures)』がリリースされ、<サマソニ>での来日も決定しているサーカ・ウェーヴス(Circa Waves)のボーカルを担当するキエラン・シュッダルにインタビュー。前作『ヤング・チェイサーズ(Young Chasers)』収録の“T-Shirt Weather”のような夏を連想させる疾走感のあるサウンドにダークでヘビーな要素が加わった彼らの進化とは。スマッシング・パンプキンズ(The Smashing Pumpkins)、アークティック・モンキーズ(Arctic Monkeys)、フー・ファイターズ(Foo Fighters)、ザ・キラーズ(The Killers)の影響も。

13
Flume
INTERVIEW

【インタビュー】ディスクロージャーやベック、ロードも一目を置く!?豪のトラックメイカー、フルームとは?

<第59回グラミー賞授賞式>に参加し、ティコやアンダーワールドを抑え「最優秀ダンス/エレクトロニック アルバム」(Best Dance/Electronic Album)を勝ち取ったことも記憶に新しいオーストラリア・シドニー出身のアーティスト、フルーム(Flume)。サム・スミス、ディスクロージャー、ロードらのリミックスを手がけたり、アルーナジョージやロックレジェンドのベックとのコラボ曲も収録されている2ndアルバム『Skin』をリリースしたりと話題の彼がプシャ・Tら参加のEP『Skin Companion EP II』をリリース! インタビューが到着しました。

29
FILM

【チケプレ】「孤独のグルメ」製作陣が再集結!竹中直人Netflix作品『野武士のグルメ』舞台挨拶つきプレミア上映イベントにご招待

「孤独のグルメ」の原作者:久住昌之氏と、土山しげる氏の作画による『漫画版 野武士のグルメ』が実写ドラマ化! Netflixオリジナル作品『野武士のグルメ』が3月17日(金)より配信開始となる。 WEBマガジン「幻冬舎pl […]

19
TECHNOLOGY

80年代後期にヤマハから発売された、FM音源、オール・イン・ワン・シンセサイザー『V50』のサウンドと魅力

1989年にYAMAHA(ヤマハ)はシンセサイザー一台でリズム、ベース、コードなど、すべてのパートを自動演奏できる、オール・イン・ワン・シンセサイザー『V50』(ブイ・ゴジュウ)を発売します。こちらの『V50』は、FM音源のシンセサイザー、PCM音源のリズム・マシン、8トラックのシーケンサーとデジタル・エフェクターが一台にまとまり、『DX7』では同時に一つの音色しか奏でることができなかったのが、『V50』では一台だけで楽曲を制作する事が可能になったのです。今回、その懐かしのオール・イン・ワン・シンセサイザー、ヤマハ『V50』をご紹介したいと思います。

42
MUSIC

【プレゼント】オアシス、伝説的な日本ラストライブを映像化!『オアシス フジロックフェスティバル‘09』オリジナルステッカープレゼント

『オアシス フジロックフェスティバル‘09』 ノエルとリアムのギャラガー兄弟が揃ってステージに立つ貴重な映像は必見 英国が誇る20世紀最後のロックンロール・バンド、オアシスのライヴ映像がいよいよ3月4日(土)より全国の映 […]

41
ホセ・ジェイムズ
INTERVIEW

【インタビュー】ホセ・ジェイムズ 慣れ親しんだジャズから現代的R&Bの地平へ。最新作『ラヴ・イン・ア・タイム・オブ・マッドネス』を語る。

『ホワイル・ユー・ワー・スリーピング』で椎名林檎をフィーチャーした楽曲“明日の人”、ビリー・ホリデイへのトリビュート作『イエスタデイ・アイ・ハド・ザ・ブルース』なども話題となったホセ・ジェイムズがジャズから現代的なR&Bへと変化した最新作『Love In A Time Of Madness』を語る。

7
広瀬圭祐
INTERVIEW

シシド・カフカ“タチアガレ”のMVでリップシンク&ダンスしている怪しいおじさんをインタビュー

『ファースト・クラス』川島ナミ絵役や『視覚探偵 日暮旅人』増子すみれ役などドS系キャラでのドラマ出演でもよく知られているシシド・カフカさん。彼女の新作ミニアルバム『DO_S(読み:「ドゥーエス」)』が2月22日(水)にリリース!同作に収録されている“タチアガレ”のMVでリップシンクして踊りまくる怪しいおじさんにインタビューしました!

32
HALO ORBIT
MUSIC

DE DE MOUSE、STUTSゲスト出演!ヘイロー・オービット、LA公演の勢いそのままに来日!

マーズ・ヴォルタ(The Mars Volta)やデルトロン3030(Deltron 3030)などで知られるグラミー賞受賞ベーシストのホアン・アルデレッテ(Juan Alderete)、バッファロー・ドーター(Buffalo Daughter)やメタルチックス(METALCHICKS)で活躍するギタリスト・シンセサイザー奏者のシュガー吉永、そしてブラッド・メルドー(Brad Mehldau)とのエレクトロニックデュオ、メリアナや、デヴィッド・ボウイ作品への参加で知られる新世代ジャズドラマー、マーク・ジュリアナ(Mark Guiliana)によって結成されたヘイロー・オービット(HALO ORBIT)が来日。

0
FILM

【チケプレ】内村光良、長澤まさみ、トレエン斎藤が日本語吹替!『SING/シング』試写会にご招待

日本も含め世界中で大ヒットし、ミニオン旋風を巻き起こした『ミニオンズ』、『ペット』と立て続けに大ヒット作を生み出している〈ユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメント〉が贈るアニメーション映画最新作『SING/シング』が、2017年3月17日(金)より日本公開。

0
みうらじゅん&いとうせいこう
INTERVIEW

【プレゼントあり】みうらじゅん&いとうせいこう インタビュー。20周年を迎えた超シュールなイベント『ザ・スライドショー』その真実とは?

2月18日(土)より、映画『みうらじゅん&いとうせいこう 20th anniversary ザ・スライドショーがやって来る!「レジェンド仲良し」の秘密』が公開となった。これは様々な分野で幅広く活躍するイラストレーター・漫画家のみうらじゅんさんと、音楽活動においては日本にヒップホップカルチャーを広く知らしめ、日本語ラップの先駆者の一人である。 アルバム『建設的』にてCDデビュー、作家・タレントなど幅広く活動するいとうせいこうさんが1996年から始め、昨年行われた第13回で20周年を迎えたイベント<ザ・スライドショー>の軌跡を、過去のイベント映像や本人のインタビュー証言などで、お二人の出会いから追ったドキュメンタリームービー。

0
中村倫也
FILM

【インタビュー】 New Movieのあの人 中村倫也、映画『愚行録』

貫井徳郎原作の小説「愚行録」の映画化作品で尾形役を務めた舞台、ドラマ、映画などで俳優として活躍する中村倫也さんにインタビュー。

28
ライアン・アダムス
INTERVIEW

【インタビュー】ライアン・アダムス 欲望に囚われた心を解き放つ最新作『プリズナー』に込めたものとは

昨年12月には来日公演でファンを熱狂させ、2017年2月17日に新作『プリズナー(Prisoner)』をリリースするライアン・アダムス(Ryan Adams)。名盤『Gold』、『Heartbreaker』などのオリジナル作、テイラー・スウィフトのカバーアルバム『1989』、オアシス(Oasis)の名曲“Wonderwall”などカバーワークにも定評があるライアンに最新作についてインタビュー。

0
MUSIC

英国ロックの正統なる継承者リトル・バーリー、ロックンロールを貫いた18年の軌跡を辿る

4年振りとなる最新作『デス・エクスプレス(Death Express)』を手土産に<Hostess Club Weekender(ホステス・クラブ・ウィークエンダー)>で来日するリトル・バーリー(Little Barrie)。バンド結成から、バーリー・カドガン(Barrie Cadogan)のプライマル・スクリーム(Primal Scream)への参加、ポール・ウェラー(Paul Weller)、モリッシー(Morrissey)などレジェンド達のサポートを経て現在へと至るまでの軌跡を辿る。

0
ネイザン・イースト
MUSIC

伝説的ベーシスト、ネイザン・イースト華麗なる共演歴!ダフト・パンク、エリック・クラプトン、マイケル・ジャクソン、スティーヴィー・ワンダーも?

ビルボードライブ東京で来日公演を開催ネイザン・イーストが貴重なリハーサルを公開する<NATHAN EAST VIP ファンミーティング>も開催。イベントは使用機材がヤマハのBBNE2ということもありヤマハ(YAMAHA)mysoundがサポート。エリック・クラプトン、ダフト・パンク、小田和正とも共演歴のある伝説的ベーシストに会える貴重な機会です。

0
Pumarosa
MUSIC

【ライブレポ】奥浜レイラがピューマローザを香港で目撃!<HCW>では風格漂うパフォーマンスに注目!

<Hostess Club Weekender(ホステス・クラブ・ウィークエンダー )>にピクシーズ(The Pixies)、ザ・キルズ(The Kills)、MONO、リトル・バーリー(Little Barrie)、レモン・ツイッグス(The Lemon Twigs)、コミュニオンズ(Communions)らとともに出演が決定している南ロンドンの5人組サイケデリック・バンド、ピューマローザ(Pumarosa)の香港のフェス・Clockenflap(クロッケンフラップ)でのライブをフェス好きとして知られる奥浜レイラがレポート!

0
・・・3456789101112・・・
plan03_airishimizu_20180302

RANKING

DAILY

WEEKLY

MONTHLY