宮沢香奈(Kana Miyazawa)

宮沢香奈(Kana Miyazawa)

フリーランスライター/コラムニスト

長野県生まれ。文化服装学院ファッションビジネス科卒業。 セレクトショップのプレス、ブランドディレクターを経たのち、フリーランスとしてPR事業をスタートさせる。ファッションと音楽の二本を柱に独自のスタイルで実績を積む。2012年頃からライターとして本格的に執筆活動を開始し、ヨーロッパのフェスやローカルカルチャーを取材するなど活動の幅を海外へと広げる。2014年に東京からベルリンへと活動拠点を移す。現在、Qetic,VOGUE,繊研,men's FUDGEなどで連載を持ち、多くのファッション誌やカルチャー誌に寄稿している。また、国内外のカルチャー情報&体験を提供するアクティビティーコマースBANANAにて、現地ガイドを担う。

宮沢香奈

【スペシャル対談!!】文化服装学院でベルリン、東京、メディアについて語る

「ベルリンと東京」、「雑誌の存在意義」という2つのテーマに基づき、90分に及ぶ長いようで短い時間の中で語った内容を要約してお伝えしたいと思う。

0
宮沢香奈

国も音もジャンルレスに渡り歩く、日本人プロデューサーENAに迫る

ベルリンでの<ATONAL>、イタリア・サルディーニャでの<Sun And Bass>を含むEUツアーを終えたばかりのENAをキャッチし、ベルリンの日差し舞い込むカフェでじっくり話を聞かせてもらった。

0
宮沢香奈

怯むほど完璧な世界<BERLIN ATONAL>現地レポート

晩夏と初秋が入り混じる8月後半、5日間に渡り開催された世界のトップアーティストたちによる最大級にして最上級の実験現場<BERLIN ATONAL>の現地レポートをお届けしたい。

0
宮沢香奈

世界の笑顔をお届け!!DEKMANTELレポ第二弾

前回に引き続き、<DEKMANTEL FESTIVAL2015>の現地レポートをお届けしたい。

0
宮沢香奈

爆発的人気!オランダのDEKMANTEL FESTIVAL現地レポート

フェスにはいつもそれまでの経験を上塗りする奇跡の瞬間がある。その時聴いた音は耳の奥に残り続け、その時見た光景は一生記憶されるのだ。昨年以上の盛り上がりを見せた<DEKMANTEL FESTIVAL2015>の現地レポをお届けしたい!

0
宮沢香奈

日本人クリエイターに問う。あなたにとってのベルリンとは?

ドイツの異端児ベルリンに様々な形で関わっている日本人クリエイターたちに「あなたにとって、ベルリンとは?」を聞いてみた。

0
INTERVIEW

ダンスミュージック界ブライテストホープGonnoが語る最新作

ワールドワイドデビューとなった話題のニューアルバム『Remember the life beautiful』をリリースしたばかりのDJ Gonnoに迫る。物静かで穏やかな印象とは裏腹に、溢れ出る音楽への情熱、強烈なまでの信念、現在のダンスミュージックシーンに対する本音など、アンダーグラウンド・ダンスミュージック界のブライテストホープとして、世界を掴みながら、今、何を思うのか?

0
宮沢香奈

ドイツの異端児“ベルリン”に注目が集まる理由とは!?

ファッションやアート、IT系のスタートアップなど、他のクリエイティブな分野においてなのだ。確かに、毎日どこかでレセプションパーティーやエキシビジョンが開催され、その数は東京と比例する。もしかしたら、まだ見ぬベルリンカルチャーがどこかに潜んでいるのかもしれない。“今なぜベルリンなのか?”その実態を様々な角度から探ってみた

0
宮沢香奈

海外フェス・スナップ BERLIN FESTIVAL2015編

前回、現地レポートをお届けした<BERLIN FESTIVAL 2015>から、今回は来場者、関係者、出店者など様々な人々をキャッチ! 多種多様なベルリンのフェスとあって、来場者もとてもインターナショナル!

0
宮沢香奈

究極のパーティーを詰め込んだBERLIN FESTIVAL

“Born Slipply”が流れた瞬間、足のつま先から音と光が一気に駆け抜けて、そして頭のてっぺんで突き抜けた。我に返り、最前列から後ろを振り返ると、高々と挙がった手と怒号に近い歓声が津波のように押し寄せてきて、その勢いに飲み込まれそうになった。

0
宮沢香奈

ベルリンの新たなムーブメントは“ノイケルン”で起きている!?

どこへ行っても英語が飛び交い、住んでいる人の多くは若い外国人、新しさと昔の名残が入り混じり、他にはない独特のパワーを感じるNeukölln(ノイケルン)の夜の街を歩きながら、アンダーグラウンドカルチャーで満ち溢れていた80年代を想像した。

144
宮沢香奈

超ディープ!こだわり抜いたベルリンのパーティーに潜入!

今回、友人でもある日本人アーティストたちの協力を得て、いくつかのローカルパーティーの取材をさせてもらった。

0
宮沢香奈

今、世界の胃袋は日本人シェフを求めている!?

[宮沢香奈コラム Vol.27]今回のコラムでは、ただ単に腕が良いと言うだけではなく、アイデアも素晴らしく、心の込もった温かい料理を振る舞う、そんな日本人シェフのいるレストランを紹介。

0
宮沢香奈

“3.11から音楽性がガラリと変わった。”表現者、音楽家Ryo Fujimotoを追う

[宮沢香奈コラム Vol.26]ベルリン在住、ワンアンドオンリーなアーティストを紹介。今回は表現者であり、音楽家であるRyo Fujimoto氏。

0
宮沢香奈

ワンアンドオンリーな生き方から何を感じるか!? ベルリン在住の和彫り師に迫る

[宮沢香奈コラム Vol.25]“取り憑かれるほどの情熱を注げるものに出会えてない人は不幸だ。”極端な発想かもかもしれないけれど、私はそう考える。

0
宮沢香奈

オーナーに直撃! ベルリンのシーンを担うレコードショップ「The Record Loft」とは?

[宮沢香奈コラム Vol.24]“いつもゾクゾクさせてくれる。”そんなレコードショップに出会ったのは初めてだった。

0
宮沢香奈

【潜入レポ】ベルリンファッションウィークで毎日がパーティ!

[宮沢香奈コラム Vol.23]今年もメルセデスベンツをメインスポンサーに、<ベルリンファッションウィーク>が開催された。

0
宮沢香奈

【インタビュー】Mouse on Marsも熱烈ラブコール! 話題のシンセアプリ開発者とは?

[宮沢香奈コラム Vol.22]今回、友人を通じてインタビューをさせてもらうことになったのが、Magnum38としても活動しているミュージシャンで、プログラマーのOliver Greschke氏だ。

0
宮沢香奈

日本と違い過ぎ!? ドイツのクリスマスマジックにかかる!

[宮沢香奈コラム Vol.21]東京では、11月も下旬となれば、普段でさえ充分過ぎるほど明るい街がイルミネーションに照らされ、さらに眩しさを増す。

0
宮沢香奈

【東西別まとめ】今行くべきロンドンのファッションスポット!!

[宮沢香奈コラム Vol.20]最高レベルのオシャレをして、背筋をピシっと伸ばして闊歩したくなる。そんな刺激的で魅力的な街、ロンドンのおすすめスポットを紹介したい。

0
宮沢香奈

Qetic連載コラムスペシャル?!噂のフェスジャンキーに会いにロンドンまで行って来た。【カルチャー編】

[宮沢香奈コラム Vol.19]Qetic連載コラムスペシャル?! 噂のフェスジャンキーに会いにロンドンまで行って来た。【カルチャー編】

0
宮沢香奈

映画のワンシーンのような黄葉舞う美しいベルリンでオシャレをしよう!

[宮沢香奈コラム Vol.17]映画のワンシーンのような黄葉舞う美しいベルリンでオシャレをしよう!

0
宮沢香奈

撮影禁止のベルリンローカルパーティー&クラブを特別解禁!!

[宮沢香奈コラム Vol.16]撮影禁止のベルリンローカルクラブ、://aboutblankに潜入!ローカルならではの音や客層の一体感で、最高にロマンチックな時間を体験。

0
宮沢香奈

monolakeのRobert Henkeによる光のアートを体感!

[宮沢香奈コラム Vol.15]monolakeとしても知られるRobert Henkeがベルリン・ミッテにあるコンテンポラリーギャラリー KW Institute for Contemporary Artにて行われたライブインスタレーションを開催。美しい幻想的な空間は、終わった後もふんわりと心地良い余韻を残してくれた。

0
宮沢香奈

美女スナップ@アムステルダムが誇るフェス<DEKMANTEL FESTIVAL2014>!

[宮沢香奈コラム Vol.14]【海外フェスレポート】アムステルダムが世界に誇るパーティーのトップ・オブ・トップ! <DEKMANTEL FESTIVAL2014>現地レポート第二弾!!

0
宮沢香奈

アムステルダムが誇る世界随一のパーティー、現地レポ第一弾!

[宮沢香奈コラム Vol.13]【海外フェスレポート】アムステルダムが世界に誇るパーティーのトップ・オブ・トップ! <DEKMANTEL FESTIVAL2014>現地レポート第一弾!!

0
宮沢香奈

ベルリンファッションウィークでキャッチ! 個性溢れるファッショニスタのオシャレスナップ

[宮沢香奈コラム Vol.12]<ベルリンファッションウィーク> 会場にいるオシャレな関係者から来場者など、スナップシューティング!

0
宮沢香奈

W杯優勝のドイツに学ぶのはサッカーだけではない! オーガニック先進国から学ぶ本当の健康とは?

[宮沢香奈コラム Vol.11]ワールドカップ優勝のドイツに学ぶのはサッカーだけではない! オーガニック先進国から学ぶ本当の健康とは?

0
宮沢香奈

カメラアプリのトップに君臨か?! EyeEmのベルリンドリーマーを垣間見る、スタジオオープニングパーティーへ潜入!!

[宮沢香奈コラム Vol.10]欧米諸国でも絶大な人気を誇り、2013年のIosランキングでは、Instagramを抜いたドイツ発のカメラアプリEyeEm主催のパーティーを紹介

0
宮沢香奈

ベルリンに夏がやってきた!!!

[宮沢香奈コラム Vol.9]ドイツでの新生活がついにスタート!舞台を東京からベルリンに移し、その土地に根付くカルチャーをリアルに伝えていきます。今月はベルリンパーティーissueとして、ベルリンのクラブカルチャーを中心に様々なパーティーを感じたまま書き記します。

0
宮沢香奈

世界初となる新素材発明が世界を救う?! アイウェアブランド「WAITING FOR THE SUN」が掲げる本来のクールさとは?

[宮沢香奈コラム Vol.8]「土に還る素材」をコンセプトに掲げているパリのアイウェアブランド「WAITING FOR THE SUN」。デザイン性の高さやこだわりのディテールで充分人気ブランドになり得るポテンシャルがあると思うのだが、なぜこのようなコンセプトを洋服ではなく、アイウェアだけに落とし込んだのだろうか?インタビューしてみた。

0
宮沢香奈

【第2弾】ファッション業界に潜む影の立役者たちを追うシリーズ。

[ファッション業界に潜む影の立役者たちを追う。第2弾!]あとに残らないものを日々作り続ける人々。そもそもパーティーとは一体誰のためにあるのか。

0
宮沢香奈

ファッション業界に潜む影の立役者たちを追う。シリーズ第1弾!

[SUKIMAPROJECT 平澤淳一氏]ファッション業界に潜む影の立役者たちを追う。シリーズ第1弾!!

0
宮沢香奈

【コラム】ファッションへの入り口はブランドでもトレンドでもない“色”から。大胆で斬新なコンセプトを掲げてオープンしたショップ“IROYA”を分析!

[IROYA]毎月1つの”色”に絞って、ファッションアイテムを販売する実店舗&オンラインショップ。取扱いブランドは流動的であり、日本未発売のNIKEや80年代のエルメスのドラムバッグ、ハイエンドブランドのセカンドハンド、1点もののヴィンテージなど、稀少価値が高く、品質の良いものを取り揃えている。

0
宮沢香奈

【コラム】5年前まで実在した“楽園”「BAR25」を知ってるか?

[コラム:AFTER25]私の中の“死ぬまでに行きたい世界のクラブ10”に永久殿堂入りを果たしていた憧れの地。結局それは叶わぬ夢となってしまったのだが。。

1
宮沢香奈

【コラム】メディアからは知り得ない、本物を知るならここから! mule musiqから学ぶアンダーグラウンドシーンにおける10年間

[コラム]私自身がまだ今ほどクラブミュージックというものに仕事として深く関わっておらず、1人の“踊り子”だった頃、週末のパーティー探しはカフェやショップに置かれたフライヤーからだった。

0
plan03_airishimizu_20180302

RANKING

DAILY

WEEKLY

MONTHLY