ARCHIVE: Mikiya Komaba

Mikiya Komaba

Mikiya Komaba

ライター

映画美学校 音楽美学講座卒業。美学校 音楽コース卒業。Protools、バークリーメソッド、20世紀の音楽の歴史、批評、サウンド・デザイン、Native Instruments Reaktor、等について学ぶ。FALCON-106名義で、itunes、bandcamp等から、エレクトロニック・ミュージックとミリタリー・テイストを融合したアルバムをコンスタントに発表し、都内クラブにてライブ活動中。ブログにて、DAWソフト、Maschineの使用ガイドや、ディスクレビュー等を書いている。

KORG volca drum
MUSIC

音作りや演奏の自由度が高いデジタル・パーカッション・シンセサイザーKORG『volca drum』のサウンドと魅力

コンパクト・サイズのボディーに、シンセサイザー、リズム・マシン、サンプラーなどの機能を落とし込み、誰でも気軽にダンス・ミュージックをプレイできることで人気のKORG「volcaシリーズ」に、新製品となる『volca drum』(ヴォルカ・ドラム)が加わりました。発売されてまだ間もない本製品、今回、興味のある方や、買おうか迷っている方、お手頃な価格でカッコいい音が出せる機材を探している皆様に向けて、『volca drum』の使用レポートをお届けします!

5
stylophone
TECHNOLOGY

童心に返って遊べるユニークなポケット・ドラム・マシン『Stylophone Beatbox』が面白い

英国の会社「Dubreq社」が、1968年に子供用のおもちゃとして発売し、デビット・ボウイや、クラフトワーク、その他様々なミュージシャンが使用した事で有名な小型シンセサイザー、『Stylophone』(スタイロフォン)。今回は『Stylophoneシリーズ』の中でも、内蔵のルーパー機能でリズム・パターンを作って遊ぶ事ができるポケット・ドラム・マシン、『Stylophone Beatbox』(スタイロフォン・ビートボックス)を紹介。

16
MUSIC

80年代のパソコンやOA機器の音でリズムが作れる、小型ドラム・マシン『PO-24 office』の魅力

ストックホルムのメーカー「Teenage Engineering」(ティーン・エイジ・エンジニアリング)から発売されている、電卓のようなルックスでおなじみの、ポケット・オペレーター・シリーズ(以下POシリーズ)は、手のひ […]

23
TECHNOLOGY

アーケード・ゲームみたいなサウンドとグラフィックスが楽しめる、小型シンセサイザー『PO-20 arcade』の魅力!

他の楽器メーカーとは一味違うユニークな電子楽器を発表する事で知られる、ストックホルムのメーカー『Teenage Engineering』(ティーンエイジ・エンジニアリング)。今回ご紹介しますのは、その中でも2016年に発売され、ゲームのようなサウンドのドラム、リード、コードを鳴らす事ができ、演奏する事を重視したアーケード・サウンド・シンセサイザー/シーケンサー、『PO-20 arcade』(アーケード)の使用レポートをお届けしたいと思います!

11
TECHNOLOGY

80年代に一世を風靡したFM音源をコンパクト・サイズで気軽に楽しめる、KORG『volca fm』の魅力

KORG「volca(ヴォルカ)シリーズ」の『volca fm』(ヴォルカ・エフエム)をご紹介。有名なFM音源のシンセサイザーのサウンド・エンジンを完全に再現し、互換性を持った3ボイスのデジタルFMシンセサイザー。FM音源に詳しくない方でも簡単に音を作る事ができます。

34
MUSIC

内蔵マイクからサンプリングして、すぐ曲が作れる『PO-33 K.O!』(ノックアウト!)が面白い!

専用ソフトウェア「Microtonic」で作成したサウンドやパターンを、PCスピーカーから内蔵マイクへデータ転送できるドラム・マシン『PO-32 tonic』、レコーディング用マイクと40秒のメモリーを搭載するマイクロ・サンプラー『PO-33 K.O!』、サンプリングした声に異なるキャラクターとフレーズをつけるボイス・エフェクト・サンプラー『PO-35 speak』が発売。

46
TECHNOLOGY

コストパフォーマンス最高のステップ・シーケンサー、KORG『SQ-1』でアナログ・シンセをコントロールすると抜群に面白い

DAWやソフトウェア・シンセを使いながらも、往年の名機と言われたアナログ・シンセが復刻され、アナログ回路を搭載した新世代のシンセも次々と登場し、使われるようになってきた現在の音楽制作環境。今回、それらの機器を接続して自在にコントロールできる、とても便利なハードウェア・ステップ・シーケンサー、KORG『SQ-1』をご紹介したいと思います。

36
TECHNOLOGY

様々なダンス・ミュージックに適したキックが作れる、KORG 『volca kick』の魅力と、DAWを同期させた演奏

コンパクト・サイズのボディーに、シンセサイザーやリズム・マシン、サンプラーなどが内蔵され、直感的な操作感覚とリーズナブルな価格でダンス・ミュージックを演奏できる、大人気のKORG「volca(ヴォルカ)シリーズ」。今回、その中でもダンス・ミュージックを作る上でとても重要かつ、サウンドの軸となる「キック」を鳴らす事に特化した、KORG『volca kick』(ヴォルカ・キック)の使用レポートをお届けしたいと思います。

25
TECHNOLOGY

どこでも気軽に持ち運べるアナログ・シンセに進化した『Stylophone GEN X-1』の魅力

1968年に子供用のおもちゃとして発売され、デビット・ボウイや、クラフトワーク、その他様々なミュージシャンが使用した事で知られている、小型シンセサイザー、『Stylophone』(スタイロフォン)。 1960年代と70年 […]

27
MUSIC

電子パーツを接続してユニークなサウンドが飛び出す「Olegtron* 4060」の魅力

フィンランドのシンセサイザー・メーカー「Olegtron Mechatronics」から発売されている、ちょっと気になるマニアックな製品、「Olegtron* 4060」をご紹介。

13
TECHNOLOGY

絵と音の世界に引き込まれる強力なビデオ・シンセサイザー、「ハイス・ジースクス」の「Oscillatoscope 2b」の魅力

今回、「Gijs Gieskes」が開発した、「Oscillatoscope 2b」(オシレイトスコープ・ツービー)という製品をご紹介したいと思います。本製品は、色鮮やかなグラフィックスと、電子音を同時に出力でき、外部からオーディオ信号を入力すれば映像に動きをつける事も出来る、強力なビデオ・シンセサイザーなのです。

31
TECHNOLOGY

チェコのメーカー「BASTL INSTRUMENTS」のパッチング・ミニ・モジュラー・シンセ「KASTLE」のユニークなサウンド

チェコ共和国のブルノに拠点を置き、ポケット・サイズのサウンド・ボックスや、モジュラー・シンセサイザー・システムまで、様々な電子楽器の設計や開発を行い、メーカー・ムーブメント系の会社として知られる、「BASTL INSTRUMENTS」。同社は2013年に設立された手作り電子楽器の新しいブランドで、開発されている全ての製品は、彼らの本拠地、ブルノで生産され、ほとんどのパーツは家で作られるか、地元の企業や流通業者から供給し、一つずつハンドメイドで丁寧に組み立てられています。今回、その「BASTL INSTRUMENTS」から発売されています、ポケット・サイズの気になる製品、「KASTLE」をご紹介します

28
TECHNOLOGY

リズムとシンクロしたビデオが簡単に作れる、ビデオ・シンセサイザー、CRITTER & GUITARIの「RHYTHM SCOPE」が面白い

ニューヨークに本社を置き、一風変ったハンド・メイドの電子楽器を開発、販売する事で知られるメーカー、「Critter and Guitari」(クリッター&ギターリ)。アルミや木の材質を使った、一見、手作りおもちゃのようなルックスでありながら、本格的な「サウンド&ビデオマシン」として使用できる、数々のユニークな製品を発表し、その中でもポケット・サイズのクリエイティブ・シンセサイザー「Pocket Piano」(ポケット・ピアノ)は、場所を問わず誰でも簡単に音楽を演奏することができ、とても人気があります。
今回は、「Rhythm Scope」(リズム・スコープ)という気になる製品をご紹介。本製品は外部から音楽を入力すると、ビートと映像がシンクロし、カラフルでリズミカルなグラフィックスを出力する事が出来る「ビデオ・シンセサイザー」です。

63
TECHNOLOGY

80年代後期にヤマハから発売された、FM音源、オール・イン・ワン・シンセサイザー『V50』のサウンドと魅力

1989年にYAMAHA(ヤマハ)はシンセサイザー一台でリズム、ベース、コードなど、すべてのパートを自動演奏できる、オール・イン・ワン・シンセサイザー『V50』(ブイ・ゴジュウ)を発売します。こちらの『V50』は、FM音源のシンセサイザー、PCM音源のリズム・マシン、8トラックのシーケンサーとデジタル・エフェクターが一台にまとまり、『DX7』では同時に一つの音色しか奏でることができなかったのが、『V50』では一台だけで楽曲を制作する事が可能になったのです。今回、その懐かしのオール・イン・ワン・シンセサイザー、ヤマハ『V50』をご紹介したいと思います。

21
TECHNOLOGY

懐かしいカセットテープから簡単にオーディオ・ファイルに変換!USB・カセットテープ・プレーヤー、ION Audio『Tape Express』を使用してみた

懐かしいテープをもう一度聴きたいというカセットテープ世代の方や、デジタル化してパソコンに保存したり、携帯ミュージック・プレーヤーで思い出の音楽を楽しみたいという皆さんに向けて、『Tape Express』の使用レポートをお届けしたいと思います!

16
TECHNOLOGY

ローランドが80年代に発売し、テクノ・ハウス系ユーザーに人気が高かった『JUNO-106』のサウンドと魅力

ローランドが1984年に発売し、テクノ・ハウス系ユーザーにとても人気の高かったシンセサイザー『JUNO-106』(ジュノ・イチマルロク)を今回ご紹介したいと思います。

10
TECHNOLOGY

往年のアナログ・シンセ、コルグ 『MS-10』とルーパーを組み合わせた演奏。その魅力

1963年に創業し、シンセサイザーや電子ピアノ、DJ機器、VJ機器やデジタル・レコーダー、エフェクター、チューナーなど、さまざまな電子楽器を製造、販売する事で知られる、株式会社コルグ。

8
TECHNOLOGY

80年代にローランドが発売した人気のアナログ・シンセ、ローランド『SH-101』の演奏と、その魅力。

シンセサイザー、電子ピアノ、電子オルガン、電子ドラム、ギターアンプなど、様々な製品を開発、販売し、日本を代表する楽器メーカーとして知られる、ローランド株式会社。そのローランドから80年代に発売されたシンセサイザー、『SH-101』をご紹介したいと思います。

9
TECHNOLOGY

80年代にモーグから入門機として発売された『Moog Prodigy』の演奏と、アナログ・シンセの魅力

今回ご紹介する『Moog Prodigy』(モーグ・プロディジー)は、モーグから1979年~1984年頃にかけて販売され、お手頃な価格とシンプルな設計でエレクトロニック系のミュージシャンに人気があり、入門機に適したモデルでした。

10
TECHNOLOGY

レトロなオーラを放つ、子供用ミニ・シンセサイザー!『Stylophone』を演奏してみた

『Stylophone』は、1970年代にイギリスの『Dub Req社』が発売した小型のキーボードで、金属で出来た平面のキーボードに、真鍮のペンの先端でタッチすると内部スピーカーから音が出て、メロディーを奏でる事が出来るんですよ!

10
TECHNOLOGY

電卓サイズのドラム・マシン!Teenage Engineeringの『PO-12 rhythm』をデモ演奏してみた。

ストックホルムに本社を置き、ユニークなガジェット・タイプの電子楽器を発表する事で知られる「Teenage Engineering」から、電卓のようなルックスのシンセサイザー、Pocket Operatorシリーズ(以下、POシリーズ)が2015年に発売されたのは記憶に新しいところです。

9
TECHNOLOGY

アイデア次第で色々使える!ポケット・サイズ・シンセサイザー『Patchblocks』でデモ演奏してみた

ドイツのメーカー、Mind Flood社から、なんとも興味深いシンセサイザーが発売されました。その名も「Patchblocks」! 今回、買おうかと思っている方や、どんなものか興味がある方に向けて、実際に「Patchblocks」を使用してみたレポートを、お届けしたいと思います!

6
TECHNOLOGY

簡単にレコードからMP3を録音できる!カセット・テープ型レコーダーReloop『Tape』を使用してみた

今回、購入を考えている方や、操作方法に興味がある方に向けて、実際にReloopの『TAPE』を使用してみたレポートを、お届けしたいと思います!

11
TECHNOLOGY

近未来を感じさせるレトロなデザインのQWERKY WRITERがカッコいい件

なにやら1940年代のアナログな装置を彷彿とさせるレトロな物体……。これ、いったいなんだと思いますか?

30

RANKING

FEATURE

COLUMN

INTERVIEW